広瀬川灯ろう流しの日程・穴場情報まとめ【2016宮城の花火大会】

Pocket

毎年多くの灯ろうが流れ、幻想的な光景を見せるお祭りが「広瀬川灯ろう流し」です。
過去に中断されていた時期があったそうなのですが、平成2年に復活して今なお行われ続けています。
仙台の灯ろう祭りといえば、広瀬川の灯ろう流しがすぐに思い浮かぶ印象です。

そんな場所で行われるお祭りの花火打ち上げの時間や見やすい穴場スポット・駐車場事情は?
ということで、今年の花火に注目してみましょう!

スポンサーリンク

大会詳細情報

  • 日程・・・8月20日(土)
  • 場所・・・仙台市広瀬川河岸宮沢橋下特設会場
  • 打ち上げ数・・・約1,000発(予定)
  • 開催時間・・・19:45頃~21:00(予定)
  • 交通機関・・・仙台市地下鉄 河原町駅から徒歩2分
  • 駐車場・・・なし
  • 有料席・・・なし

会場までのアクセス情報

最寄り駅は仙台市地下鉄 河原町駅となっています。
徒歩で約2分と非常に便利がいいので、公共交通機関で来たほうがいいでしょう。

車で来る場合は専用の駐車場が無いため、注意です。
仙台七夕花火祭の時と同様、近くのコインパーキングや立体駐車場を利用するようにしましょう。
(人の数も多いので、あまりおすすめはできませんが・・・)

穴場スポット

花火が見えるポイントを紹介します。
近くで見たいけど、広い場所でゆったり見たい・・・
ということで、(なるべく会場から離れない)緑地平地に注目してみました!

広瀬川宮沢緑地

会場や最寄り駅からそんなに離れておらず(駅から徒歩8分)、広い場所を確保できます。
春には鯉のぼりも上げられているようですね。

広瀬川若林緑地

会場からさらに下流方向に進んだところにあります。
隣は野球場となっており、上記の場所よりも広い場所を見つけられそうです。
(駅からまっすぐ歩いても約23分・1.9kmかかりますが)

見どころ

広瀬川灯ろう流しの見どころを紹介します!
メインの灯ろう流しをはじめ、光と水とコンサートの夕べやフィナーレの花火がありますね。

灯ろう流し

お祭りの名前にも入っている、このお祭りのメインの見どころとなっています。
広瀬川に架かる宮沢橋のたもとから流されます。
灯ろうの数は、約3,000丁
真っ暗な夜の川面に、赤橙色に光って浮かぶ灯ろうは幻想的な美しさがあります。

過去の動画はこちら↓

光と水とコンサートの夕べ

灯籠流しと同時に行われるのが、野外コンサートである光と水とコンサートの夕べです。
毎年、アーティストや地元高校の生徒による合奏や合唱が行われています。
2011年には南こうせつさんが来られて、吹奏楽と合唱されたそうです。

その時の様子がこちら↓

今年はどんな人がいらっしゃるのか?
楽しみです。

花火

流灯の後にフィナーレとして打ち上げられる花火も、きれいですね。
次々と打ち上がるスターマインや、広瀬川を横断するナイアガラも複雑な色が混じりあうものとなっています。

過去の動画はこちら↓

交通規制

宮沢橋(19:00~22:00)と河原町側堤防(19:00~花火終了まで)で交通規制がされます。
今年のパンフレットを参考にしましょう。

なお、宮沢橋は歩行は可能なようです。
555
引用元:http://hirosegawatourou.miyagi.jp/_src/sc742/91e62789f18dl90a390ec939482eb82a497ac82b583v838d83o83898380.pdf

まとめ

「広瀬川灯ろう流し」の情報を見てみましたが、いかがだったでしょうか?
日程は8月20日(土)、来るなら公共交通機関(地下鉄 河原町駅)で!ということを覚えておけば大丈夫でしょう。
灯ろうと花火が川とマッチした、美しいお祭りです。
よくテレビの取材も来ていますね。
それほどまでに注目度の高いお祭りとみても、いいかもしれません。
ぜひ行ってみてください!

宮城のおすすめ花火大会一覧はこちら!

Pocket

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*