気仙沼みなとまつりの日程・穴場まとめ!【2016宮城の花火大会】

Pocket

漁港都市としても有名な気仙沼市ですが、そんな場所を大いに盛り上げる夏の一大イベントが気仙沼みなとまつりです。
海上から打ち上げられる花火は、気仙沼ならではといった美しさがあります。

そんなお祭りの花火打ち上げの時間や見やすい穴場スポット・駐車場事情は?
ということで、花火が打ち上げられる2日目に注目してみましょう!

スポンサーリンク

大会詳細情報

    • 日程・・・8月7日(日)
    • 場所・・・気仙沼市内・気仙沼湾
    • 打ち上げ数・・・約2,400発(予定)
    • 開催時間・・・20:00~20:30(予定)
    • 交通機関・・・JR大船渡線、気仙沼線 気仙沼駅から徒歩約20~30分
    • 駐車場・・・無料駐車場・合計約930台
    • 有料席・・・なし

会場までのアクセス情報

最寄り駅はJR大船渡線 気仙沼駅となっています。
駅から結構歩くので、車で来てもいいかもしれませんね。
(会場まで2.4km。早めに歩いても20分はかかります)
駐車場も多いため、停められなくなる心配は無いと思います。

ただ、会場に行ってしまえば無料シャトルバス運行しているとのことなので、利用するといいと思います。
去年のシャトルバス情報です。
※画像はクリックで拡大できます

2016/03/20-1
引用元:www.kesennuma.or.jp/minatomatsuri/kisei.html

時間はお祭り開催の時間に合わせて運行するようです。上記の時刻表を参考にしましょう。

また、車で行く場合は高速道路を使いましょう。
東北自動車道 一関ICから行くと便利です。

  1. 東北自動車道・一関ICから国道342号線へ
  2. そこから国道284号線を経由して会場へ

といったルートで来ると分かりやすいかと思われます。

穴場スポット

海上から打ち上げられるのでどこからでも見られると思ったのですが、「ここならよく見えていいんじゃないか?」といったところを取り上げてみます!

イオン気仙沼店

気仙沼駅から歩いて35分(!?)かかりますが、見晴らしのいい場所としても休憩場所としても有効に使うことができると思います。
車なら便利なんですけどね・・・
歩きたくないのであれば、気仙沼線・南気仙沼駅が最寄り駅となっているのでそちらを利用してみるのもいいと思います。

見どころ

気仙沼みなとまつりの見どころを紹介します!
打ちばやし大競演海上うんづら、それとともに打ち上げられる花火がなんとも劇的で美しいですね。

打ちばやし大競演・海上うんづら

夕方、日が沈むか沈まないかといった時間に行われるのが「打ちばやし大競演」と「海上うんづら」です。
去年は参加団体28組ということでしたが、和太鼓の共演による演奏は迫力があります。

海上うんずらは「海上で行われる打ちばやし」といったところですね。
夜の海から放たれる光は、お祭りの気分を一層引き立てますね!

海上から打ち上げられる花火

気仙沼湾内から打ち上げられる花火は、陸から観覧するには最適なものとなりそうですね!
海上うんずらと平行して行われるということで、非常に楽しい時間を過ごせます。

2012年の様子です↓

交通規制・駐車場・トイレの場所は?

交通規制の情報ですが、今年の情報が公開されましたのでこちらを見たほうが早いですね。トイレについても、マップ上に 臨時トイレの表記がありますので確認しましょう。
0807kisei
引用元:www.kesennuma.or.jp/minatomatsuri/kisei.html
震災復興による道路交通規制も入っているので、その辺りに注意するといいかと思われます。

また、駐車場マップも公開されました。
parking
引用元:www.kesennuma.or.jp/minatomatsuri/kisei.html
小学校やスポーツ広場など、合わせて1000台ほどを停められるスペースがあるので、よほどのことがない限り満車ということはないと思います。

まとめ

「気仙沼みなとまつり」の情報を見てみましたが、いかがだったでしょうか?
打ちばやしの共演とともに打ち上げられる花火は、視覚も聴覚も揺さぶられるド迫力ものとなること間違いなしです。
ぜひ行って直に見聞きしてみてください!

最後ですが、いい感じにお祭りの雰囲気がハイライトされている動画を発見しましたので、ご覧ください!

宮城のおすすめ花火大会一覧はこちら!

Pocket

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*