裏カジノ・桃田賢斗不在のリオ五輪では誰が活躍する?日本代表3選!

Pocket

バドミントン界では郡を抜いての実力者で、オリンピック出場も確実だと言われていた桃田賢斗選手が裏カジノ賭博で出場できない状態となってしまいました。

2016/04/07-3
バドミントン界のエースで、リオデジャネイロ五輪への出場が確実視されている桃田賢斗(けんと)選手(21)と、2012年のロンドン五輪バドミントン男子代表の田児(たご)賢一選手(26)が違法な裏カジノに出入りし、金を賭けていたことがわかった。日本バドミントン協会は、桃田選手をリオ五輪に出場させない方針を明らかにした。
引用元:headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160407-00000012-asahi-spo

世代揃っての出場禁止の措置により、今回のバドミントンではメダル獲得が絶望的に不利な状況となってしまったわけですが・・・
別に桃田賢斗選手だけが期待のエースというわけではありません!
注目すべき選手は他にもいるはずです。

ということで、今回はほかにも注目すべき日本代表選手について見てみましょう。

スポンサーリンク

佐々木翔

ロンドンオリンピック・男子バドミントンシングルスにおいて日本人選手としては初のベスト8進出を果たした、佐々木翔選手です。
強豪が集うオリンピックで成績を残した、数少ない国内選手の1人ですね。
また、第68回全日本総合選手権大会では優勝の経験もあります。

2016/04/07
引用元:www.smash-net.tv/player/details/id/8/

しかし、ロンドン8強ともいわれている選手ですが、今季いっぱいで引退を表明しているということでした。

バドミントンのロンドン五輪男子シングルスで日本勢初の8強に入った佐々木翔(33=トナミ運輸)が10日、今季限りで引退する意向を示した。
今夏のリオデジャネイロ五輪出場を目指しているが「ことしで終わり。五輪に行ければそこまでだし、行けなければその時点で終わる」と述べた。
引用元:www.nikkansports.com/sports/news/1615252.html

気持ちがこもっている時のスマッシュが持ち味だという、佐々木翔選手。
活躍が期待できる筆頭となることは間違いなさそうです。

上田拓馬

トマス杯&ユーバー杯2014では出場したシングルスで全勝し、日本団体初優勝に貢献した上田拓馬選手です。

2016/04/07-1
引用元:www.smash-net.tv/player/details/id/25/

中国の連勝を食い止めたうえ、決勝でも連勝してしまったという上田拓馬選手。当時の彼の喜びようも記事に上がっていますね。

トマス杯に初挑戦してから半世紀以上。予選を突破できない時期もあった日本男子は元五輪金メダリストの朴監督の指導で世界と戦える意識が宿り、ついに世界一と変身を遂げた。最後は相手の強打がアウトになり、マレーシアとの約6時間の熱戦を制すと、上田はあおむけになり「うれしすぎて何も覚えていない」。コートに入ってきた仲間らと輪になり、跳びはねて快挙を喜んだ。
引用元:www.daily.co.jp/general/2014/05/27/0006996314.shtml

この時には、今回の騒動の中心ともなっている桃田賢斗とともにシングルスで勝ち進んでいます。
連勝に連勝を重ねている彼だからこその持ち味が光るのではないか、と見ています。

西本拳太

全日本学生選手権大会では2013年からシングルスで毎年優勝、韓国やベトナム・ロシアなどのOPでもほとんどシングルス8強の座をもぎ取っている西本拳太選手です。

2016/04/07-2
引用元:www.smash-net.tv/player/details/id/277/

現役大学生(中央大学)でありながら、数々の海外大会で成績をおさめている彼。
年齢が若いということもあり、スタミナや体調なども万全の状態で大会に臨めると思います。
今後の活躍にも期待が寄せられる、若手のエースですね。

まとめ

桃田賢斗選手以外でも活躍できると思われる選手について見てみましたが、いかがだったでしょうか?
上記のyahooニュースでは「バドミントン新旧エース、裏カジノ賭博 リオ五輪絶望」などと表題が打ってありますが、私はそんなことはないと思っています。
それぞれの選手たちにも、今回のことは気に留めず練習を頑張って欲しいですね。

Pocket

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*