和田光司の経歴まとめ!お別れの会の場所や日時は都内のどこ?

Pocket

デジモンアドベンチャーの主題歌「Butter-Fly」でも有名な歌手、和田光司さんが亡くなったというニュースがありました。

テレビアニメ『デジモンアドベンチャー』の主題歌「Butter-Fly」で知られる歌手の和田光司さんが、今月3日に上咽頭がんのため亡くなった。42歳。所属事務所が発表した。
引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160408-00000325-oric-ent

闘病生活を送り、復帰を果たしたことから「不死蝶のアニソンシンガー」とも呼ばれていた方でした。

お別れ会の日程や場所などについての情報はまだ出ていないようでしたが、どこで行われるのでしょうか?
過去の経歴も一緒に見ながら、予想を立ててみようと思います。

スポンサーリンク

経歴は?

和田光司さんの経歴ですが、wikipediaにも詳しく簡潔に載っていますね。

1999年4月、テレビアニメ『デジモンアドベンチャー』(フジテレビ系)の主題歌「Butter-Fly」でメジャーデビュー。同曲はオリコンチャート47位にランクイン[1]し、和田の代表作となった。これがきっかけでデジモンシリーズでは『デジモンフロンティア』(2002年)まで4年連続で主題歌を歌唱し、以降のシリーズにも継続して参加している。

2000年にはテレビアニメ『トランスフォーマー カーロボット』主題歌「炎のオーバードライブ〜カーロボットサイバトロン〜」を担当。2001年12月にはファーストアルバム「all of my mind」をリリース。

2003年、上咽頭癌を患っていることが発覚。「5年後の生存率は40%」と医師より宣告され、同年4月に開催されたデジモンシリーズ終了記念のライブをもって活動休止する[2]。

2005年、療養から復帰。手術や放射線治療により一時は声を失った[2]が、声が出るようになったため、ライブなどの活動を再開。2006年11月にはテレビアニメ『デジモンセイバーズ』の主題歌「ヒラリ」でメジャー復帰を果たした。

2007年からはブラジルを中心に海外のアニメ関係のライブイベントへの参加を始める。同年2月にはベストセレクションアルバム「The Best Selection〜Welcome Back!」をリリース。

2009年、メジャーデビュー10周年を記念して「Butter-Fly 〜Strong Version〜」をリリース。2010年には、テレビアニメ『デジモンクロスウォーズ』の挿入歌を担当する。

2010年、声優・歌手のAiMとユニット“KALEIDO☆SCOPE”を結成し、ユニット活動を開始。

2011年、癌の再発が発覚。同年10月に再び治療専念を理由に活動休止を発表する[1]。

2013年10月3日、2年振りに活動を再開することをブログ・Twitterにて発表。

2014年1月付でSOLID VOXに移籍。

2016年4月3日、上咽頭ガンにより死去

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%92%8C%E7%94%B0%E5%85%89%E5%8F%B8

メジャーデビュー曲である「Butter-Fly」の印象が強い方ですが、ほかにも『トランスフォーマー』や『デジモンクロスウォーズ』の曲も担当されていたということですね。

2003年からガンが発覚しながらも、度々復帰しながら活動を続けていました。
しかし、今回の訃報ニュースが出てしまったということです。

お別れ会の場所は?

ニュースでは4月下旬にファンが参列出来るお別れ会が行われるといった旨のことが書かれていました。

葬儀は家族の希望により近親者による密葬が行われた。4月下旬には、ファンが参加できる「和田光司 お別れの会」が都内で開催される予定。詳細については和田さんのオフィシャルHPや所属事務所SOLID VOX公式HPで発表される。
引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160408-00000325-oric-ent

都内で開催されるということでしたが、今のところ場所などは決まっていません
ここでは、行われる可能性があるんじゃないか・・・といった場所を上げてみます。

青山葬儀所

2016/04/08
青山葬儀所 青山斎場 東京都港区南青山2-33-20 TEL 03-3401-3653
引用元:http://www.honkane.com/aoyama.htm

都内でも歴史が深く、大きな斎場なので多くの弔問客を迎えることができます。
そのため、ファンも参道できるお別れ会を行うには最適な場所となっているのではないでしょうか?

代々幡斎場

2016/04/08-1
都心に続く緑の山の手、優雅さを兼ね備えた斎場です。
引用元:http://www.e-sogi.com/list_city_hall/tokyo.html

駅が近い上に収容人数が100人以上可能ということで、利便性がよく車がなくても行くことができます。弔問客の人数は多くなると思われますので、利便性を考えた会場選びもされると思っておいていいかも知れません。

日時はいつになる?

こちらについては4月下旬ということしか情報が出ていませんので、想像のみになってしまいますが・・・

基本的に、葬儀関連は大安、友引、仏滅の日以外に行うといった風習があります。
ですので今年の大安カレンダーから予想してみると、弔問がより多く来場できるよう土日に設定すると見て4月23日(土)に行われるのではないか・・・と思います。
(29日の昭和の日・祝日に行われるといったことは考えにくい)

2016/04/08-2
引用元:http://www.himekuricalendar.com/taian2016

まとめ

突然の事だったので驚きを隠せないのですが、世代の方なら誰でも知っている曲を歌っていた方が亡くなったというニュースはショックでした。
Twitterの最後のツイートも至って普通だったのですが・・・


ご冥福をお祈りします。

※追記
お別れ会の場所が決まったそうです。

【和田光司 お別れの会】
日程:04/26(火)
会場:東京・LIQUIDROOM

■関係者(ご友人、音楽・芸能界関係者)
受付開始/15:30
開式/16:00
閉式/17:30
■一般(ファンの皆様)
開場/18:00
閉場/20:00
引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160414-00000024-mnet-musi

Pocket

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*