南米地震が発生!日本への影響や熊本地震との関係はあるのか

Pocket

17日9時頃、南米(西部)エクアドル沿岸付近でマグニチュード7.7の地震が起こりました。

2016/04/17
地震情報(震源・震度に関する情報)
平成28年4月17日9時17分 気象庁発表
きょう17日08時59分ころ地震がありました。
震源地は、南米西部(北緯0.2度、西経80.1度)で、地震の規模(マ
グニチュード)は7.4と推定されます。
詳しい震源の位置はエクアドル沿岸です。
引用元:http://www.jma.go.jp/jp/quake/20160417091752394-170859.html

この地震による日本への津波の影響などはないということでしたが、熊本地震との関係性があるのかどうかについて見てみようと思います。

スポンサーリンク

南米と日本の地震には関連性がある?

南米の大地震ということで有名なのはチリ地震ですね。
この地震の経験から、学者はこのようなことを述べていました。

これまで東日本大震災など数多くの大地震を予測し、的中させてきた木村政昭・琉球大名誉教授は、イヤペル地震に特別な注意を払っている。木村氏曰く、「チリでM8以上の巨大地震が発生すると、必ずといっていいほど日本付近で大地震が発生することが過去の研究から判明しています」(日刊ゲンダイ、2015年09月20日)とのことだ。
引用元:http://tocana.jp/2015/10/post_7539_entry_2.html

武蔵野学院大学特任教授の島村英紀氏も、木村氏同様この相関関係に着目している。島村氏は「確かに、そういう傾向はある。しかし、チリ地震は1万キロ以上離れているプレートで起きた地殻変動。なぜ、そうなのか。そのメカニズムを完璧に説明することは誰にもできません。ただ、ナスカプレートで起きた地殻変動が、日本の地震を誘発していると言えなくもない。これは非常に注目すべきことです」(Asagei plus、2014年4月22日)と語る。
引用元:http://tocana.jp/2015/10/post_7539_entry_2.html

未だにプレートについては解明されきっていないということでしたが、誘発されて起こっている可能性は十分に考えられると捉えられそうです。

プレートを基準に循環して地震が起こっているという情報も書かれていました。

【西】2000年6月4日  スマトラ島沖地震M8.0、死者100人以上
【東】2001年6月23日  ペルー沖M8.2、死者138人
【西】2003年9月26日  十勝沖地震M8.0
【西】2007年1月13日  千島列島沖地震M8.2
【西】2009年9月29日  スマトラ島沖地震M7.5、死者1,100人以上
【東】2010年2月27日  チリ・マウレ地震M8.8、死者452人、日本などに津波
【西】2011年3月11日  東北地方太平洋沖地震M9.1、死者約15,900人
【西】2013年2月6日  ソロモン諸島M8.1
【東】2014年4月1日  チリ沿岸北部(イキケ地震)M8.5、死傷者約2,500人
【東】2015年9月17日  チリ中部(イヤペル地震)M8.3
【西】2010±5年?月?日  北海道東方沖M8.5、津波?(木村氏の予測による)
【西】2018±5年?月?日  伊豆諸島沖M8.4、津波?(木村氏の予測による)

これを見ると、たしかに太平洋上の大きな地震が、西から東へと反時計回りの順に起きているように思われる。この循環ルールに則れば、次に巨大地震が起きるのは環太平洋の北側、あるいはそこをスルーして西側、つまり日本付近ということになる。
引用元:http://tocana.jp/2015/10/post_7539_entry_3.html

ここでも書かれていますが、西側の日本で震災が起こる可能性があった・・・ということでした。
今回は先に「平成28年熊本地震」がきたということですから、逆方向(環太平洋に沿った)に震源が回ってきたと考えるとおかしな話ではないのかもしれません。

以下に関連性についての画像があったので載せておきます。

2016/04/17
2015年11月25日(日本時間)、南米でM7.5の地震発生。これは、南米で2014年、2015年と起こった巨大地震に引き続いて発生した巨大地震です。
過去、南米で発生した大地震の後、日本列島付近で大きな地震が発生している傾向があります。今後、日本列島付近での大地震発生が気がかりです。
引用元:http://kimuramasaaki.sakura.ne.jp/site2/2015/11/25/1335/

日本への影響は?

上記でも書きましたが、日本への津波の影響は現在調査中とのことでした。

今後の情報が更新されないとも限らないので、気象庁HPなどで随時確認を取るようにしましょう。

追記・津波の心配はありませんとのことです。

Pocket

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*