さかもと未明の入院はどのくらい?膠原病の恐るべき期間とは

Pocket

今日、さかもと未明さんが緊急入院したというニュースがありました。

膠原病による闘病生活を続けている漫画家のさかもと未明さん(50)が19日、緊急入院した。この日更新したブログで公表した。
引用元:headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160419-00000116-sph-ent

今朝から急に「割れるような頭痛」と「体の痛み」を発症したということでしたが、今は落ち着いているのでしょうか。
さかもと未明さんが膠原病だというニュースは度々流れていましたが、一体どんな病気なのでしょうか?
症状に加え、入院期間についても触れて注目してみたいと思います。

スポンサーリンク

膠原病とは?

国の難病指定もされている病気である、膠原病
しかし、これは様々な病気の総称であるということでした。

膠原病(こうげんびょう)とは、全身の血管や皮膚、筋肉、関節などに炎症が見られる病気の総称で、原因不明の発熱や湿疹、関節の痛みなどの症状が共通してみられます。女性に多く見られる病気で、比較的若い女性の不明熱(原因不明の発熱)として発見されることが多いです。SLEやリウマチなど数種類の病気が含まれています。
引用元:kagawa-clinic.com/kogenbyo/#q1

ひとくちに膠原病といっても、これだけの種類があるんですね。(この他にも病名は存在するようです)

2016/04/19
引用元:trendstyle96.net/archives/2343#i-3

さかもとさんの場合、この中の全身性エリテマトーデス全身性強皮症シェーグレン症候群を患っているということでした。

退院できるのはいつになる?

さかもとさんの場合、複数の病気を患っているということで全く予想を立てることはできないのですが、総計して考えてみると一般的には3~6か月かかってしまうのではないでしょうか。
以下に、かかる期間について書いてみました。

    • SLE(全身性エリテマトーデス)

うちの会社の同僚がSLEで入院経験を持っていますが1か月弱入院していました。1か月後くらいに会社に来て今では約2か月に1回病院に通っています。
引用元:detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1467093149

こちらの回答によると、1ヶ月はかかってしまうようですね。個人差があり、1周間で終わってしまう人もいれば数年かけても治らないという人もいるようです。

    • 全身性強皮症

検査だけであれば1周間から10日ほどで終わる、ということでした。(その先に治療が待っているとなれば未知数ですが)

    • シェーグレン症候群

こちらはなかなか長期間の治療を要するもので、10年かけても一向に症状が収まらないといったケースもあるようでした。
ステロイド投与も必要になることがあり、その際には死ぬまでずっと使い続けなくてはならないといいます。

ステロイドは、『60mg』(6錠)からスタートして、状態を診て、
『50mg』⇒『40mg』⇒『30mg』と、段々と量を減らして行きます。
減って行くと言うことは、状態が良くなっていることなのですが、
素直に、『良かった』とは言い切れないんです。
『死ぬまで』服用しなければならないので・・・・・。
引用元:blog.livedoor.jp/marboh1967/archives/65673482.html

まとめ

さかもと未明さんの入院期間について見てみましたが、いかがだったでしょうか?
調子についても心配されますが、入院中でも絵を書き続けるということでした。

でも、病院に絵の道具を運んでもらうよう主人に頼みました。
入院中でも絵は描きます!
体調が悪い状態ですが、むしろ自分の中で描きたいイメージがどんどん湧いています。
前回の入院もそうでしたが、命が危険になると創作意欲が刺激されるみたいです。
頭痛も少し和らいで来たので心配しないでくださいね。
引用元:blog.goo.ne.jp/sakamoto-mimei

ゆっくり休んでいただきたいですね。

Pocket

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*