バドミントン・西本拳太の違法賭博で大学の処分はどうなるのか?

Pocket

オリンピックに向けたバドミントン界で、また違法賭博が発覚したようです。
闇カジノに出入りしていたのは、中央大学4年・西本拳太選手。

トップ選手による闇カジノ賭博問題への対応に追われる日本バドミントン協会は19日、18日に闇カジノへの出入りが判明した新たな現役日本代表選手1人が大学生の西本拳太(21)=中大=であることを公表し、厳重注意と、日本代表指定解除処分を下したことを発表した。
引用元:headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160419-00000053-dal-spo

これまでは田子選手や桃田選手の処分について話題に登っていましたが、新たな発覚ということでまたバドミントンの注目度が(別の意味で)高まってしまいました。
しかも彼は現役大学生。そのこともあってか、ヤフーニュースなどでも顔などは表立って取り上げられていませんでした。

西本選手が起こした行為は大学退学に値するほどの処分となってしまうのでしょうか?
今回は、そんなことに注目してみようと思います。

スポンサーリンク

強制退学はあり得る?

中央大学といえば、駅伝なんかでもよく耳にする有名大学ですよね。
大学の退学に強制力はあるのかどうか・・・
ということが気になったので、退学規定についてなど書かれていないか調べてみました。

第五十二条 学則に違反し、その他不都合な行為のあった学生に対しては、行為の軽重と教育上の必要を考慮して、訓告、停学
又は退学の処分をすることができる。ただし、退学処分は、次の各号のいずれかに該当する者に対してでなければ行うことが
できない。
一 性行不良で改善の見込みがないと認められる者
二 学力劣等で成業の見込みがないと認められる者
三 正当の理由がなくて出席の常でない者
四 大学の秩序を乱し、その他学生としての本分に反した者
引用元:www.dsecchi.mext.go.jp/d_1206n/pdf/chuo_1206nsyutei_gakusoku.pdf

ざっと見た感じではこれが一番はっきりと書かれている箇所でした。

今回の罰則に当てるとするなら、「四 大学の秩序を乱し、その他学生としての本分に反した者」という部分になるのでしょうか。
闇カジノの出入り自体は違法ではないかもしれませんが、田児選手についてこいと誘われたことが原因でこのような自体に陥ってしまったということは否めません。
(もし本当に賭博をやっていなかったとしても)
そもそも違法な場所に出入りしているのですから、学生としての本分に違反している気もしないではないですね・・・

強制退学とまでは行かないまでも、停学くらいならありえそうですね。

田児賢一選手とは同じ高校?

ちなみに、西本拳太選手と田児賢一選手は同じ高校出身だったということでした。
高校はバドミントンなどの体育会系では有名な、埼玉栄高校

こちらの校則などについての評判は、なかなか厳しい物が多い印象を受けます。
まさに体育会系!といった感じです。

2016/04/19
引用元:www.minkou.jp/hischool/school/review/2020/

まとめ

西本拳太選手について見てみましたが、いかがだったでしょうか?
今回の反省を元に、今後のバドミントンを引っ張っていけるような存在になってくれることを祈ります。

Pocket

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*