山本功児氏の葬儀はいつ?告別式の場所や過去の経歴まとめ

Pocket

巨人やロッテで活躍した後、ロッテ監督を務めた山本功児氏が今日亡くなりました。
死因は肝臓がんで、享年64歳だったということです。

巨人、ロッテで活躍し、現役引退後はロッテ監督や巨人のヘッドコーチなどを務めた山本功児氏が23日午後1時41分、北九州市内の自宅で肝臓がんのため死去した。64歳だった。
引用元:headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160423-00000118-sph-base

北九州市内の自宅で亡くなったということでしたが、葬儀の場所などは決まっているのでしょうか?
過去の経歴とともに、見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

過去の経歴

経歴についてですが、現役時代・引退後の監督時代共にwikipediaに簡潔に載っています。

  • 現役時代

本来の守備位置である一塁手には王貞治がおり、外野手も兼ねて出場機会の確保を目指す。1979年には準レギュラーとして117試合に出場、打率.291の好成績を残す。同年から1980年にかけ、7試合に四番打者として先発出場した。王の引退後の1981年には中畑清と一塁手の定位置を争う。守備には定評があったが、打撃面での不調もありレギュラーは奪えなかった。
引用元:ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E6%9C%AC%E5%8A%9F%E5%85%90

現役時代には王貞治中畑清とポジション争いをしていたということでした。
いやすごいですね・・・

もし王さんがいなかったらどうなっていたんだろう・・・?
そんなことが気になったのですが、ネット上にも同じようにありました。

山本功児は王貞治がいなかったら一塁のレギュラーポジションをとれていたと考えられますか?

獲れていたと思いますが、結局原、篠塚の活躍で中畑に押し出されたという歴史がそのままなら、レギュラーといっても3、4年だったでしょう。王さんがいなければ外人や他球団の主砲を補強していたでしょうから、レギュラーもなかったかも知れません。
引用元:detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12118867477

トレード後にロッテへ入団した時には、打撃ランキングの対象になる規定打席を達成し、打率.301を記録したということです。

  • 監督時代

監督としての経験は現役として活動する最終年からスタートさせたということでした。
そして、びっくりしたのが指導経歴。
コーチ・監督として全てのポジションの経験があるという稀な経歴を持っていたといいます。
(他にいるのかな?)

現役最終年となる88年の選手兼任打撃コーチに始まり、二軍打撃コーチ、二軍ヘッド、二軍監督、一軍打撃コーチ、一軍ヘッド、一軍監督と指導者としてのすべてのポジションを経験するという稀有なキャリアを持つ。
引用元:ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E6%9C%AC%E5%8A%9F%E5%85%90

一時休止もはさみましたが、2005年までコーチとして活躍していました。

葬儀の日程や場所は?

こちらについての情報はまだ未定ということでした。
会場を押さえたりする日程調整などもありますから、まだなんとも言いがたいのですが・・・
仏滅や友引の日を避けた、今月末中までには行われるのではないでしょうか?

一般の参列者も許可するのか不明ですが、ファンが別れを惜しむ場は設けられるかと思われます。
亡くなられた場所が北九州市内ということで限定して考えると、「博善社花花会館葛原斎場」や「明善社 三ヶ森斎場」などが候補に上がってくるのではないでしょうか。

まとめ

山本功児氏の経歴などについて見てみました。
64歳という若さで亡くなられたのは悔やまれます。

こちらの動画を見ていただくと分かるかと思いますが、野球に対する情熱がある、熱血な方でした。

また息子さんには横浜DeNAベイスターズで活躍する山本武白志がいるのですが、

1軍でプレーする姿を見ることなく、山本氏は天国に旅立った。
引用元:www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/04/23/kiji/K20160423012456300.html

ということでした。

ご冥福をお祈りします。

Pocket

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*