【2016年】夏野菜カレーにオススメ!レシピに合う具材5選

Pocket

夏といえばカレーでしょ!
夏は野菜も美味しいですし、夏バテ対策としてもおいしく食べたいですよね。
でも、どんな具材を入れればいいのか分からない・・・という方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、カレーにピッタリの栄養満点で簡単にできる、おすすめの具材(野菜)について取り上げてみました。

スポンサーリンク

夏野菜

夏野菜カレーに入れるべき野菜について見てみましょう。
旬の野菜が多く、どれもおいしく食べることができますね!

トマト

2016/04/27
夏の野菜の代名詞のひとつ、トマトですね。
βカロテンリコピンと言われる天然色素(カロテノイド)が入っていることで有名なんじゃないでしょうか?
誰でも一度は見聞きしたことがあるはず。

そんなトマトにはビタミンCやあるビタミンAカリウムなどが豊富に含まれており、

  • 美肌や老化防止
  • 目などの粘膜保護や動脈硬化の防止
  • 血圧低下作用

などに効果がある食材となっています。

また、驚くことにトマトは加工したほうが栄養価が高くなるのです。

2016/04/27

同じ量を摂取したとしても、生のトマトより加工品の方が2~3倍もリコピンを吸収しやすいことが明らかにされています。
引用元:http://www.japan-tomato.or.jp/knowledge/

これはもうカレーに入れるしかないですね(゚∀゚)

かぼちゃ

ee44a7190f0527b0bacbdd6ca5c4f8c0_s
こちらも夏野菜代表、かぼちゃです。
いつも冬至に食べている印象が強く、シチューなどに入っていることが多いと感じるのですが・・・
実は夏が旬の野菜なんですね!

そんなかぼちゃにもβカロテンビタミンAなどを含みますが、その他にもビタミンB1やB2、ビタミンC、カルシウム、鉄などをバランスよく含んだ栄養価の高い野菜なんですね~。

2016/04/27
引用元:http://www.alic.go.jp/koho/kikaku03_000266.html

上記のトマトの効能に加えて、

  • 抗酸化作用によるガンの防止
  • 夏バテなど、風邪予防

に優れています。
暑さで体力が持っていかれる夏に、多くの栄養が入っていることが売りの食材なんですね!(ウリ科だけに)

スポンサーリンク

なす

ba0eb2458b715bd0ad5de9d9b324976c_s
体を冷やす野菜ということでも有名な、ナスです。
栄養価で突出したものはこれといって無いのですが、約94%が水分や糖で出来ているということで非常にヘルシーに食べることができます。

また、食物繊維も豊富で、

  • 腸の調子を整える
  • 血糖値の急上昇を防ぐ

などの効果が期待できます。

さらに、紫色の皮は「アントシアニン」という色素でできており、抗酸化成分が含まれているため

  • 老化防止
  • がんの発生予防

にもなります。

ピーマン

b61b7288379a49155f9bfa0b91bf490f_s
苦手としている人が多いと感じるピーマンですが、非常に栄養価の高い野菜である食べ物です。
夏はピーマンを食ってりゃ大丈夫!と言っているブログまであるくらいですからね・・・

どれだけの栄養があるのかというと、

ピーマンが栄養的にすぐれているのは、ビタミンAとCが豊富に含まれていることです。

ビタミンAは100g中150IUとトマトと同等、Cは100g中80mgと、レモンの2倍近い含有量を誇っています。

その他ビタミンは、B1、B2、D、Pを含み、鉄やカルシウムなどのミネラルも豊富に含まれています。

引用元:http://kenkou-tabemono.info/index.php?%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%81%AE%E6%A0%84%E9%A4%8A%E3%80%81%E5%8A%B9%E8%83%BD%E5%8A%B9%E6%9E%9C

なんとレモンよりも多いビタミンCを摂取できるということでした!意外ですね・・・
細胞を活性化するので、夏カゼの予防にもばっちりです。

スポンサーリンク

オクラ

a74eef63beffaabee329758a275a83b8_s
ねばっとした食感がたまらない、オクラです。
これは「ムチン」や「ペクチン」などの成分からできているもので、

  • 胃の粘膜保護・消化吸収の手助け
  • 整腸作用・コレステロール吸収の抑制

などが期待できるということでした。

「なんか暑くて食欲がない・・・」といった時でも、オクラで食欲増進ができそうですね!

また、カリウムも含み高血圧の予防ができたり、βカロテン免疫力UPもできます。

まとめ

夏野菜カレーにオススメな具材について見てみましたが、いかがだったでしょうか?
せっかく野菜がおいしい季節がやってくるのですから、旬のうちに色々食べてみてはどうでしょうか?

Pocket

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*