2016・バレー日本女子が最終予選でリオ五輪に出場する条件とは?

Pocket

「2016リオデジャネイロオリンピックバレーボール世界最終予選」が5月14日(土)~6月5日(日)に行われますね!
リオオリンピックの出場をかけた戦いが始まるのですが、どのような勝ち進め方をすれば出場を果たすことができるのでしょうか?

というわけで、日本バレー女子がリオオリンピックへ行くための出場権獲得条件について見ていきたいと思います。

追記:新たに情報を加えた記事については、こちらをどうぞ!
バレー日本女子最終予選も後半戦へ!リオ五輪出場の条件を再確認

スポンサーリンク

五輪への出場条件とは?

今回の最終予選では、日本を含めたアジアの4チーム(韓国、カザフスタン、タイ)に加えて

  • ヨーロッパ大陸予選2位(オランダ)、3位(イタリア
  • 南米大陸予選2位(ペルー
  • 北中米大陸予選2位(ドミニカ共和国

のチームが出場し、総当たり戦という形で試合が進められていきます。

またアジア大陸予選も同時に行われているので、アジアの上位1チームとそれを除く上位3チームの合計4チームにオリンピックの出場権が与えられるということになりますね。
その4枠の出場を競って、各国がしのぎを削るわけです。

以下は、参加チームと出場枠の関係をまとめた表です。

出場枠 出場チーム
開催国 日本[5]
アジア大陸予選枠 韓国[9]
タイ[13]
カザフスタン[26]
世界最終予選枠 オランダ[14](ヨーロッパ大陸予選2位)
イタリア[8](ヨーロッパ大陸予選3位)
ペルー[21](南米大陸予選2位)
ドミニカ共和国[7](北中米大陸予選2位)

※[ ]内はFIVB世界ランキングでの順位

アジア大陸予選枠で勝ち残れば、ついでにアジア順位を上げつつリオ五輪に臨めるということです。
FIVB世界ランキングの順位的に近いイタリアや、ヨーロッパ大陸予選2位のオランダとの勝負がキモになりそうです。
(特にイタリアはバレー強豪国ですよね)

もちろん他の国の対戦も手を抜く訳にはいかないのですが、上位に行くためにはこれらの国に勝たないといけないかもしれません。
ですので、他の国の順位にもよるとは思うのですが、全7戦中で半分は勝たないとオリンピック出場が安全であるとは言えないのではないでしょうか?

図はこちら↓

9
引用元:www.fujitv.co.jp/sports/vabonet/oqt/

試合日程(組み合わせ)は?

そこで気になる試合日程ですが、以下のようになっています。

  • 5月14日(土):日本vsペルー
  • 5月15日(日):日本vsカザフスタン
  • 5月17日(火):日本vs韓国
  • 5月18日(水):日本vsタイ
  • 5月20日(金):日本vsドミニカ共和国
  • 5月21日(土):日本vsイタリア
  • 5月22日(日):日本vsオランダ

※時間開始は、全て19:00~となっています。

上記で書いたイタリアやオランダとの対戦が、5月21日(土)と5月22日(日)の連日対戦の試合日程となっています。
最終予選の最終日に近いところで、この連戦・・・

果たしてどうなるのでしょうか?

まとめ

バレー日本女子の最終予選について見てみました。
リオ五輪に進出するためにも、ぜひ勝ち残ってほしいですね!
現地で応援もしてみたいですね……

2016日本女子バレー最終予選のチケット買い方まとめ!座席情報も

Pocket

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*