【茨城・水戸市】煽り運転の犯人は誰?煽り運転の対処法について

Pocket

今日、茨城県水戸市で男性が車に約400メートル引きずられる事故がありました。

警察によると、8日午前10時半ごろ、水戸市の路上で軽自動車を運転していた男性が後続の車にあおられたため、交差点での停車中に注意したところ、注意された車が突然、発進した。
引用元:headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20160508-00000042-nnn-soci

煽り運転してくる人はロクなのがいない・・・と感じますね。
犯人は逃走中ということでしたが、一体どういう人物なのでしょうか?
また、煽り運転に対する対処法みたいなものはあるのでしょうか?

今回は、そのようなことに注目してみたいと思います。

スポンサーリンク

犯人の特徴は?

現在判明していることは、以下のとおりです。

逃げた車は、黒っぽい普通乗用車で、20歳から50歳くらいの男2人が乗っていて、警察は殺人未遂事件として行方を追っている。
引用元:headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20160508-00000042-nnn-soci

20~50歳って。。。
なんにも分からないですよこれじゃあ(^_^;)

まあ、どんな人物なのかは大体予想がつきそうですけどね・・・
煽り運転に対する、似たような事件を取り上げていたコメントがありました。

過去に、後ろの車に煽られたと腹を立てて降りてきたのはサングラスに木刀を持った男で、後ろの車の運転手に対し、「おらー!!お前、ええかげんにせーよ!!なめとんのか!!おら!!!」とボンネットを木刀でボコボコにし、運転手が怖くなって車を発進させたところ、しがみついてきたのでそのまま走った結果、木刀男が途中で振り落とされ亡くなった事件がありました。
引用元:headlines.yahoo.co.jp/cm/videomain?d=20160508-00000042-nnn-soci

こちらは今回の事件とは全く関係がありませんが、こういう性格の人も運転しているということですね。
誰か、と言われればまだ情報が出ていないので分かりませんが、単純に普通の気が強い、短気な人といった感じでしょうか。
(それこそヤのつく職業についている人だったら警察介入の格好の口実になってしまいますよね)

また煽られた方も、わざわざ「交差点での停車中に注意した」(=降りて注意した?)ということでしたので、車を降りて注意しない方がいいということです。
道路交通を守っているなら何もこちらに非はありませんし、スルーしたり道を譲ったりして先に行かせるのが無難ですね。

煽り運転の仕返しについて

これはよく検索されるワードだと思うのですが、個人的には良くないことだと思っています。
上記にも書きましたが、どうせ短気なだけ・文句を態度で表したい人がほとんどだと思いますので、関わってもろくな事がありません。
煽って来る人はだいたい運転が下手です。

それでも、自分の気が収まらない・・・というのでしたら、

  • ステッカー(「赤ちゃんが乗っています」など)をつける
  • ドライビングレコーダー(カメラ)などを後ろに取り付ける
  • ゆっくりブレーキを踏んで止まる

などといったことをしていれば大丈夫です。
(自分がイライラして仕返しに急ブレーキ、なんてもっての外ですね)

一番なのは、普通に平常心で運転することです。本当に運転技術が心配なら初心者マークでも付けておけばいいのですから(1年以上運転経験があっても、付けていることはできる)

煽りをやって来る側は、もう少し考えたほうがいいとも思いますけどね・・・
そもそも法律違反に該当しますし。

人の命も奪いかねない煽り運転は、危険運転の一つに分類され、相手を事故・死傷などに追いやった場合は、危険運転致死傷罪が適用され厳罰に処される可能性があります。安全な車間距離を取らずに前車に接近する行為は、道路交通法26条が禁止する車間距離不保持に該当します。
引用元:jiko-net.com/report/detail/report_id/2106/

まとめ

煽り運転の対処法などについて見てみました。
こういった人でも運転免許を持つことができるのは、考えものです。

しかし今回は、わざわざ注意しに行った方もな・・・という意見もありました。

怒る気持ちはよくわかるが降りてはダメだと思う。相手が誰かなど車では判断できない、人数も、何を持ってるかも、話がまともにできない人間かもしれない。怒りはちょっと我慢して先に行かせるか、コンビニなどに入って無視したほうが良い。
引用元:headlines.yahoo.co.jp/cm/videomain?d=20160508-00000042-nnn-soci

どっちもどっち、ということだったんでしょうね・・・

Pocket

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*