横山由依が総監督に選ばれたのはなぜ?理由の真相にせまる

Pocket

今年で結成11年目を迎える、「AKB48グループ」。
その次世代のリーダーである総監督に横山由依さんが選ばれて、半年ほどが過ぎました。
6月26日放送の情熱大陸では総監督を務める横山さんの舞台裏に密着した内容が放送されるということでしたが、どんなことを語るのか今から楽しみですね~。

さて、検索をかけてみるとちょっと気になるものが。
どうもネット上では「どうして横山由依が総監督に選ばれたの?」という疑問が出てきているようです。
たしかに、横山さんも前任の高橋みなみさんとは違いリーダーシップに優れているわけでもないと認めているといいます。

そこで今回は、卒業する高橋みなみさんに代わって横山由依さんが総監督に選ばれたのはなぜなのか?ということに焦点を当てて見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

横山由依(よこやまゆい)のwiki風プロフィール

20130721-yokoyama

名前:横山由依(よこやま ゆい)
生年月日:1992年12月8日(23歳)
出身地:京都府木津川市
身長:158cm
血液型:B型
所属グループ:AKB48 チームAキャプテン、元NMB48 チームN兼任

横山さんは現在の年齢が23歳のキャプテン。
今ではあんなにも輝かしく見える彼女ですが、過去には2009年に行われた「SKE48第二期メンバーオーディション」や「AKB48 第五回研究生(8期生)オーディション」に不合格していたという経歴も持っています。
しかし、それでもあきらめずに挑戦した結果……
9月20日に行われた『AKB48 第六回研究生(9期生)オーディション』についに合格し、晴れてAKB48のメンバーになりました!
3度目の正直ということでしょうか?
連続で不合格を突き付けられながらも挑み続けたその姿勢は、十分な評価に値するものかと思われます。

ちなみに、ファンの間では「ゆいちゃん」「ゆいはん」という愛称で呼ばれています。
出身が京都なので「はんなり」と掛けられているみたいですね~
落ち着いた華やかさと、上品な明るさが印象的だな~と感じます(^o^)

キャプテンやリーダー・総監督になることが多い理由とは?

そんな彼女ですが、調べてみると

  • 2013年:NMB48・チームNの兼任解除が発表された時にはチームAの後継キャプテンに指名
  • 2014年2月:チームKへの異動と同チームのキャプテン就任
  • 2015年12月:総監督の職を高橋みなみから正式に受け継ぐ

といったように意外と多くのリーダー役を務めていることが分かります。
総監督は全てのAKB48グループを統括する役目を負っているということなので全メンバーを数えてみると、なんと400人程となるそうです。驚きですね~!

学級委員長はおろか部活のキャプテンさえやったことがないという彼女ですが、どうしてこんなに頼られることが多いのでしょうか?
その考察について見ていきましょう。

先輩も認める圧倒的な努力

まずは、「グループ屈指の努力家」ということが挙げられます。
かつてAKBメンバーだった篠田麻里子さんや初代総監督でもあった高橋みなみさんからは、「誰もが認める”超”努力家」と言われるような人物だといいます。

そんな彼女の真面目っぷりが分かるエピソードがありました。

彼女は、候補生時代、京都から東京まで通っていました。彼女は京都の地元の高校に通っており、平日の放課後はアルバイトをし、そのあとにレッスンをしていました。そして、土日には自分で稼いだお金で東京まで通っていたそうです。
引用元:news.merumo.ne.jp/article/genre/1662427

これはすごいですね……Σ(・∀・;)
勉強とレッスンの両立って、高校生ならなかなかできないことだと思います。。。
AKBに入ったあとも、練習の量は人一倍多く行い、レッスンの30分前には必ず来て練習していたということでした。

これほどやっているのにも関わらず、「そこ(総監督)に立っているのが申し訳ない」と話していたそうですが……
これだけでも十分、リーダーとしての素質を備えていると思いますけどね、僕は。

メンバーからの真の支持力の強さ

誰よりも素直で、まっすぐな優しい性格」といったこともひとつですね。

岡田奈々さん、川本紗矢さんのインタビューを見てみましたが、信頼の厚さが垣間見えてきます。
簡単にまとめると、『身近に感じられる総監督』ということでした。

前任の高橋みなみさんは偉大過ぎて、近寄りがたいイメージがあったということでしたが……
横山さんは自分の体験・失敗談などをメンバーに気さくに話したり相談してくれたりしているので、まわりにいるメンバー達も非常に安心して過ごせているようです。

チームAのキャプテンを任された時には、このように言っていたといいます。

「今までのキャプテンのように背中で見せることはできないかもしれませんが」と不安をのぞかせるながらも「みんなと一緒の目線でいろんな感情、喜怒哀楽を共にしていきたいと思います。それには、皆様の声援や優しい拍手がとてもありがたく感じることになると思います」
引用元:www.oricon.co.jp/news/2026912/full/

新しいチーム作りへの意気込みが感じられますね!

こういったひたむきな性格のためか、選抜総選挙の順位も着実に上がってきているようです。

まとめ

横山由依が総監督に選ばれた理由について見てみました。
ただでさえ多くの人材を抱えているAKBグループをまとめるのは相当な労力が必要だと感じました。
時には休息もとってほしいな……と密かに思いながらも、しっかりまとめ上げて欲しいな~と思います!

Pocket

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*