藤嶋健人は中学時代からすごかった!ドラフト予想や進路はどうなる?

Pocket

2016年に行われる、夏の甲子園選手権大会。
今年の注目選手についても色々と出てきていますね。
そんな中、東邦高校の投手が注目を集めています。

2016年のドラフトに選ばれる可能性大!と言われている、東邦高校の藤嶋健人選手です。
センバツ大会にも出場し、これからの活躍に期待がかかる藤嶋投手ですが、一体どんな人物なのでしょうか?

スポンサーリンク

藤嶋健人のプロフィール

1

名前  藤嶋健人(ふじしま けんと)
 出身地  愛知県豊橋市
 生年月日  1998年5月8日
 高校  東邦高校
 学年  3年
 ポジション  投手、外野手
 投打  右/右
 身長  176cm
 体重  80kg

藤嶋健人投手は現在3年生。
彼の所属している東邦高校野球部では、投手と外野手として活躍しています。
東邦高校の野球部といえば、例年甲子園に出場している常連校。
選抜出場校ランキングでは3位に入賞するほどの強豪校です。
そのような学校で投手に選ばれるということですから、注目度が高まるのもうなずけますね(-_-)

現在の球速は146km/h
高校生としての球速で見ても速いな~と感じますね!
どうやら東邦高校で部をまとめる森田監督が、中学時代の藤嶋選手の投球を見てみずからスカウトしたみたいです。
しかし、驚くのはそこだけではありません。
速投球に加え、球種を数多く持っているということも強みなようですね~。
現在投げられる球種はストレートやカーブに加え、

  • スライダー
  • チェンジアップ
  • カット
  • ナックルカーブ

といったものを投げれるという情報がありました。
これだけの球種を投げられれば、エースとして活躍できるのも分かりますね(*_*)

また、打撃でも注目度が高くなっています。センバツで打ったフライでは、将来が有望である選手に多いとされている6秒台に達していたそうです。次々と打球を連発する姿に、観客のド肝が抜かれたという藤嶋投手。打っても投げても他の選手より頭一つ抜けており、今後に期待が持たれ続けている選手ですね!

野球を始めたのはいつ?

そんな藤嶋選手ですが、いつから野球を始めたのでしょうか?

野球を始めたのは、小学校2年生の頃から。
地元の豊橋市にある栄ドリームズという少年野球チームに所属し、腕を磨いていたそうです。
ところで、こちらのチームの代表が藤嶋康英となっていました。
もしかしたら、藤嶋健人投手の父親なのかも……?
もし詳細が分かったら、記載しますね。

出身中学はどこ?

そんな藤嶋投手ですが、高校に入ってからすぐに先発として活躍するほどの実力を持っていたといいます。
一体どんな中学校出身なんでしょうか……?

気になって調べてみたところ、愛知県豊橋市立南部中学校というところに通っていたという情報がありました。
しかし、こちらの学校では部活に所属することはなく、地元の硬式野球チームであるイースト三河ボーイズ(現:東三河ボーイズ)というところで野球を行っていたそうです。
この時点で球速140km/hを記録していたのだとか(;・∀・)
チーム在籍時には全国大会へ言った経験は無かったということでしたが、野茂英雄さんが総監督を行っていた際に藤嶋投手がジュニア日本代表の選手に抜擢され、アメリカに遠征した経験もあるみたいです!
中学生でこのような経験って、あんまりないんじゃないでしょうか?

そのような経験もあってか、2年の秋に行われた東海大会では相手チームを見事に封じ、優勝を果たしました。
その後にはセンバツ大会の出場権も獲得しています。

藤嶋健人のドラフトはどうなる?

さて、そのような経歴を持つ藤嶋投手ですが、相手校やプロ野球チームからの注目も現時点で多くあるという感じがします。

日本文理の大井監督も「簡単には打たせてもらえないよと話はしていた。本当にいいピッチャーだね」と称賛の言葉を贈った
引用元:zakzak

日本ハムの山田ゼネラルマネジャーは「フォームが理想的だね。勢いも素晴らしい」。横浜DeNAの吉田スカウト部長も「この大観衆の中で、あれだけ腕が振れるのも大したもの」とたたえる。
引用元:zakzak

球種の豊富さといい、本番で安定して出せる球の速さといい、現在のガッチリ体形による安定したフォームが最大の武器となっているみたいですね~
相手によって球種を分けることで体力の減少加減を見極め、センバツ大会では決勝戦でも完投していました。

また、打撃についても安定したヒットを生み出しているといいます。
ここぞ!という時に、決定打を放ってくれるということでした。

3月22日の関東一(東京)とのセンバツ初戦で、藤嶋は投打に存在感を放った。投げては粘っこく嫌らしい打者がそろう関東一打線をわずか被安打1に抑え、11奪三振、無失点。打っては初回のチャンスにレフトへ強烈なタイムリーヒットを放ち、これが決勝点になった。
引用元:sportiva

このように投打両面で高い能力を持っている藤嶋健人選手ですから、スカウトマンが黙っているわけがありません。
巨人や広島、中日といった多くの球団から目をつけられているということでした。
そのような中、スカウトに関して数多くのコメントを残しているのが、オリックス

オリックス・由田慎太郎スカウト:「あれだけ振れるバッターは少ないし、投球も緩急をうまく使えている」
オリックス・柳川スカウト:「投打でドラフト候補ですが、脚力がつけばプロでも外野手としても面白い」
オリックス・中川隆治チーフスカウト:「面白い存在。センスがある。打撃も良さそう。」
引用元:ドラフト会議

他の球団と違い外野手として活躍させても面白そうというコメントを残しているので、もしかすると藤嶋投手に一番注目しているのはオリックスなのかもしれませんね。

まとめ

藤嶋健人選手について見てみました。
投げても打っても活躍できる選手ということでしたので、今年の甲子園の注目選手の一人であることは間違いありませんね!
今後の活躍に期待しましょう。

Pocket

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*