池江璃花子がオトナかわいいと話題に!高校や身長を調査してみた

Pocket

リオ五輪競泳女子100mバタフライでメダル獲得の可能性が高いと言われている、池江璃花子選手がオトナ可愛いということで話題になっていますね!
もしメダルが獲得できたら史上2番めの年少記録となるようで、注目度が高まってきています。

そんな池江選手について、高校や身長などのプロフィールを始めとしたことについて調査してみました。

スポンサーリンク

池江璃花子のプロフィール

img560

  • 名前:池江璃花子(いけえ りかこ)
  • 生年月日:2000年7月4日(16歳)
  • 出身:東京都
  • 身長:170cm
  • 体重:55kg

池江選手は現在高校1年の16歳。
このあいだ誕生日を迎えたんですね!おめでとうございます(*^^*)

プロフィールを見て思ったのが、身長高いなぁ……ということですね(´・ω・`)
15歳で170cmというのは、たしか日本の高校生男子の平均と同じくらいの身長だったような気がします。
それと並んでいるんですから、鍛え方が違うのかな~と思ったら、
まさにそうでしたΣ(´∀`;)

母は運動神経を発達させるため、生後半年で指につかまる感覚を覚えさせ、自宅に雲梯(うんてい)も設置した。中学3年間で身長は15センチ伸びて170センチ。しかも水を捉えるために重要なリーチは、身長を上回る184センチだ。
引用元:日刊スポーツ

自宅に鉄棒を設置して指や身長を伸ばす運動をさせるって、普通じゃ考えつかないですよね……
昔から水泳で活躍して欲しかったのかな~と思わせるエピソードですね。

生まれは自宅の風呂場ということで、その時から水に対してのつながりがあったということが書かれていました。
水の申し子なんてよく思いつきますよね(^_^;)

池江は自宅の風呂場で水中出産により誕生した生まれついての「水の申し子」だった。
引用元:Wikipedia

今年の日本選手権準決勝で、自分が持つ日本記録を更新しての勝利をおさめた「超新星」の名にふさわしい選手です。
種目は競泳女子100mバタフライ。世界記録保持者のスウェーデン:サラ・ショーストレム選手がいる中での競い合いとなります。

高校はどこ?

池江選手が通う高校は、淑徳巣鴨高校
中学と高校の一貫校ですね。今年で創立97年になります。
東京にある私立校で、進路に合わせて特進コースとスーパー選抜コース(2017年から)というものが選べるみたいですね。
偏差値もコースによって違いますが、55~64と平均より上の高校となっていました。
ついこの間、高校を上げてのオリンピック壮行会もしていたみたいですね。
競泳バタフライの長谷川涼香選手とともに、壇上で祝儀をしたり部活単位での激励を行ったり、最後には校内で記者会見をしたりしています。
私立だとこんなことまでするんですね……

2700d658cfee9d1f3299add64d823f7f
c3ae5334e58b689a2a3f90b8bd447df6
引用元:淑徳巣鴨高等学校

僕は公立に通っていたのですが、当時じゃ考えられないようなことを総出で行っていますね(´・ω・`)
しかし自分の所属する学校からオリンピック選手が出場するって、なんかスゴイですよね~
自分のことのように応援してしまいそうな気がします(笑)
あと、制服もめちゃかわいい(*^^*)
65

池江璃花子の「オトナかわいい」って?

そんな池江選手、TwitterなどのSNSを中心に可愛いということで話題になっていました。

日本人は高身長となると体のバランスがおかしくなって変……?となってしまうことが多いと勝手に思っているのですが、池江選手はそんなことありませんよね。
上の制服画像からも分かりますが、いい感じに6~6.5頭身で整っています。
これくらいの比率だと「スタイルが良い」と評価されはじめるらしいので、170cm台に達している池江選手ならリアルで見てもかわいいんじゃないかな~と思います。
この辺りが端正で大人びたルックスと言われている所以なんじゃないでしょうか?

まとめ

池江璃花子選手について見てみました。
こうして記事を書いている時でも、次々と記録を更新している池江選手。
先日は50メートルバタフライで日本新記録を出していました。

リオデジャネイロ五輪競泳で代表最多の7種目にエントリーしている池江璃花子(16=ルネサンス亀戸)が、50メートルバタフライで25秒50の日本新記録をマークした。
引用元:Yahoo!ニュース

7種目にエントリーしているみたいですが、メインは100mバタフライ。
こちらに種目でどのくらい記録を出してくれるのか、期待ですね!

リオオリンピックのメダル候補選手予想まとめ!日本の金は誰の手に?

Pocket

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*