清宮幸太郎のwiki風プロフィール!甲子園のドラフト予想はどうなる

Pocket

去年、脅威のアタッカーとして話題となった、早稲田実業のスーパー1年生・清宮幸太郎選手。
今年はさらにパワーアップして、甲子園のマウンドに臨もうとしています。
今回の選抜ではいくつホームランを打つんでしょうね(・・;

そんな清宮幸太郎選手ですが、一体どんな人物なのでしょうか?
ドラフトではどこに抜擢されるのか?という部分も気になります。
そこで今回は、清宮幸太郎選手について見ていこうと思います!

スポンサーリンク

清宮幸太郎のwiki風プロフィール

9a4d4_759_be42d855_6c114293
引用元:ライブドアニュース

名前 清宮幸太郎(きよみや こうたろう)
 出身地 東京都
 生年月日 1999年5月25日
 高校 早稲田実業高校
 学年  2年
 ポジション 投手/ 内野手
 投打  右/左
 身長  184cm
 体重  97kg

清宮幸太郎選手は現在2年生。
生まれた時から東京都に住んでいますね。
野球を始めたのはなんと4歳の時から!
地元にあるバッティングセンターに通い続け、打撃練習を行っていたそうです……スゴイ(´・ω・`)
また、自宅には専用のバッティングスペースがあり、そこでも徹底した打撃練習を行っていたそうですね~

小学校の時は東京北砂リトルリーグに所属していました。
去年の東京大会では優勝しているほどの実力あるチームみたいですね。
清宮選手はこの時から、通算132本のホームランを放っていたといいます。
小学校時代とはいえ、既に通算100本塁打に達成したのは他の選手には類を見ない勢いですよね~

また、2012年にはリトルリーグで行われる「世界選手権大会」にも出場したことがあります。
その際、打者としては「12打数8安打3本塁打6打点」、投手としては「2戦2勝」を挙げて優勝に大きく貢献したといいます。

投手としての腕も光るものがありますね。

中学時代はどうだった?

甲子園4強やU18日本代表という経験をもち、接戦が激しい関東の西東京でも注目度が高い選手ですね。

一年春の公式戦で出てきたばかりの頃は、高校一年でこの長打力!?と思われていたみたいですが、この一年間でさらに急成長を遂げています。調べてみたところ、一年の終了時からわずか三ヶ月間で高校の通算本塁打を20本強増やしたそうですね!過去にはあまりにもボールを追いかけ過ぎて、打てる球も打ててないという指摘もされていたそうですが、最近ではそういった欠点も解消しつつあるといいます。
清宮選手の本塁打は、他の選手よりも球場の雰囲気をガラッと変えてしまう迫力があるので、甲子園ではどれだけ打てるのか楽しみですね。
春季大会では大ファールが場外に飛び出して隣にある神宮球場のスタンドに入ってしまうといった驚きを通り越して笑ってしまうような珍事を起こしたパワーがあります。

ただ、一つだけ弱点が……
持病化していると言ってもいいほど、右肩の炎症が怖いということでした。そのようなこともあってか、春はセンターを守っていましたね。

夏の甲子園には一塁を守る見込みがなされているということでしたが、果たしてどうなんでしょうか……

球速やドラフトもスゴイ?

投手として活躍している清宮選手ですが、球速は140km/hほど。
他の出場選手と比べると、平均的な速さなのかな~と思いますが、投手としてより打者として目立っているのでトントンなのかなぁ……と感じます。
でも昔はそんなに140km/hの球速を出している選手はいませんでしたし、最近の若者の体格が良くなったという証拠なんでしょうね。
似たような質問もあったみたいです。

140キロ高校生投手の増加 2011年甲子園を観ていて感じましたが、高校生投手はなぜこんなに球が速くなったのでしょか?

昔は力を入れやすい投球フォームの投手が多いことや、効率よくボールに力を乗せる投球フォームが身に付いている投手が少なかったからです。最近は監督やコーチが理にかなったフォームを叩きこみます。練習メニューも昔にはなかった、インナーマッスル強化など、同じ筋トレでも、やり方などが全然ちがってきます。

引用元:Yahoo!知恵袋

現在は早稲田実業で練習を積み重ねている清宮選手。
上には不動の四番として活躍していた加藤雅樹選手もいたり、何かと注目されやすい高校です。
しかし、早稲田実業にはこれまで球速で優位な選手を輩出したことがありません。
このような前例がない中でどこまで投手としても頑張れるのか、見ものではありますね……

また、清宮選手が行きそうな球団についてですが、やはり巨人が一番逆指名有力な気がしますね。
某サイトのドラフト投票でも、圧倒的に多くの票を集めていました。
しかし、本人はまだどこの球団がいいとかは言ってないみたいです。
まあ2年生ですし、これからといったところもあるんでしょうけど……

まとめ

清宮幸太郎選手について見てみました。
順調に勝ち進んで早稲田実業が甲子園へのキップを手にすることができたら、真っ先に注目の的となる選手であることは間違いないと思います。
右肩の炎症が心配される……ということはありますが、頑張ってほしいですね!

Pocket

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*