高田萌生のプロフィール!フォームや中学校もスゴかった

Pocket

夏の甲子園でドラフト候補に選ばれそうな有力選手・高田萌生選手が話題になってきていますよね!
フォームが松坂大輔選手に似ている……と言われることが多い高田選手ですが、それには相応の理由があるみたいですね~
今回は、野球を始めたきっかけやピッチャーとしての特徴・ドラフトがどこに選ばれるのか?ということについて見てみたいと思います。

スポンサーリンク

高田萌生のwiki風プロフィール

201603240005-spnavi_2016032400022_view
引用元:スポーツナビ

名前 高田萌生(たかだ ほうせい)
 出身地 岡山県
 生年月日 1998年7月4日
 高校 創志学園高校
 学年  2年
 ポジション 投手
 投打  右/右
 身長 178.0cm
 体重 72.0kg

高田選手は現在18歳の高校2年生。最初の頃はそうでもなかったのですが、2年に上がるにつれて実力を伸ばしてきた努力家の選手です。
よく名前について気になる人がいるみたいですが、高田萌生の読み方は「たかだ ほうせい」。
男で「萌」の字を使っている人って、珍しいなぁって思いますよね(´・ω・`)
萌の字は、本来「芽生え」という意味を持っています。
その意味と生きるの「生」という字が含まれているのでなにもないところからでも芽生えていけるような強い人に育って欲しい……という願いがこもっているんじゃないかな~と思いました。

球速は、最速で150km/hを記録するほどの快速。
もともと一年の夏にはチームの登板を果たしており、その時から142km/hという速度を出していたということでした。
冬には室内練習場で練習に励み、半年もしないうちに150km/hまで増加させる努力もあってスカウトマンからの注目度が飛躍的に上がりましたね。
高校生の成長は眼を見張るものがあります(*´ω`*)

持ち球としては、キレのあるスライダーが挙げられますね。
改良をしていくことで変化点の精度をコントロールすることを専念して練習してきたため、今年はさらに打者に近づいてくるボールを投げてくるのではないかな〜と思います。
後半になるほど曲がりも強くなる……ということもあり、いかにエンジンを早い段階でかけられるのかが求められるというのも課題として出てくるところかもしれません。
すべての公式戦を完投することを信条に取り組んできた、投手としての志がスカウトからの注目を集めている理由の一つなのかもしれませんね〜

野球を始めたきっかけは?

野球に興味を持つようになったのは、小学校の時から。岡山新見市立西方小学校というところに通っていました。
小学校の頃にメジャーリーグの中継の中で活躍する松坂大輔選手を見て、憧れから野球を始めたのがきっかけと言っていました。
実際、右腕ピッチャーとしては全国でも一、二を争うほと実力を上げてきているので松坂大輔二世とも言われているみたいですね。
そこで、小学3年生の時から6年生まで、軟式のソフトボールを行うことから野球人生が始まりました。

甲子園では、松坂さんが登板してからの球場の雰囲気を一変させてしまうような存在感のあるピッチャーになりたいと話していたそうです。
果して、会場をワッと湧かせるような投手になれるのか、注目です。

出身中学校はどこ?

ソフトボールから野球を知ったという高田選手ですが、中学校は明徳義塾中学校に通っていました。スポーツが盛んですよね(*´ω`*)
本格的に練習を始めたのも、この時から。
ビデオで自分の投球フォームを撮り、松坂大輔選手の動画と見比べながらフォームの調整をし続けていました。
いろんなプロ野球選手の投げ方を試したそうなのですが、一番しっくり来るのが松坂選手のフォームというのですから、小さい時からの運命めいたものを感じますよね(*_*)

また、軟式野球で留学の経験もあったということでした。
これが奏を成したのか、四国大会ではベスト4入りを果たすなど実力を上げてきています。
このまま明徳義塾高校に行くのかとおもいきや、地元で野球を続けたい……という強い信念があったために、現在の創志学園高校に通うようになった、ということでした。

ドラフトはどこになる?

そんな高田選手ですが、プロのスカウトマンからの興味も十分に集めている有望な選手です。
一回の練習試合で6球団が一気にくる時もあるというのですから、やっぱり一目置かれている存在なのかなぁ……
地元から近いということで広島カープになるのか、それとも高校NO.1右腕ということを買われて巨人入りするのかわからない状況となっていますが、現在有力なのかもと言われているのは阪神。
今年最有力と言われている藤平尚真選手と、同等に評価しているのが分かります。

この試合には6球団9人のスカウトが視察し、阪神は佐野アマ統括など3人態勢で視察した。横浜高校の藤平尚真投手の評価がうなぎ上りとなる中で、高田投手もレベルの高い投球を見せている。
引用元:ドラフト会議

本人は特にここに行きたい!と言っている様子はないので、甲子園での活躍によって決めるのかもしれませんね。

まとめ

高田萌生選手について見てみました。
松坂選手に憧れて野球を始め、フォームまで自分流でそっくりに仕上げてしまうのは素晴らしいことだと思います。
たまに目にするのが、身長はそこまで高くない(と言っても178cmあれば平均は超えている)から右腕ピッチャーとしてはあまり伸びしろがないのでは?というもの。
当時高校生だった松坂選手だって179cmだったと言われていますよね。
ですから、あんまり気にする必要はないんじゃないかな~と(´・ω・`)
投球に乱れがないように頑張ってほしいと思います!

Pocket

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*