ポケモンGOのボール投げ方コツまとめ!カーブや最初の動作が経験値に響く?

Pocket

ポケモンGOで重要となってくる操作、モンスターボールの投げ方
これをしっかりすることができないと、ポケモンにボールを当てることさえできませんよね。
どれだけ練習しても、いざボールが少なくなったときに外してしまい……(泣)となった人も、すでにいるかもしれません。

そこで今回は、モンスターボールをうまく投げることができるコツについてまとめました!
当たらない!と嘆いている人も、当てることはできるけどボーナスが入らない……という人も、こちらを参考に投げてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

ボールの基本的な投げ方

まず、基本的なボールの投げ方について見てみましょう。
最初のチュートリアルでは矢印による誘導があったのですが、これは本当に最初だけのもの。
それ以降は自力でやってね!という、ソシャゲにありがちな鬼畜仕様なものですね(´・ω・`)
チュートリアルを終えてしまった方のために、もう一度どのように投げていたのかというガイドラインの画像を見てみましょう。

Screenshot_2016-07-22-12-17-09

基本的にはこちらで行った方法でまっすぐ投げれば良いのですが、どうもうまく当てられませんよね。
(というか僕がそうでした)
そこで、ボーナスをつけることができる投げ方を中心に、コツについて見ていきましょう!

基本的には「ベゼル投げ」でOK

日本でリリースされてからまだ一日というのに、既に投げ方についての定番は決まりつつあるようですね。
その一つに、「ベゼル投げ」というものがあります。
これはスマホのフチ(ベゼル)をガイドラインとして使って投げてしまおう!とするものですね。
画面中央から投げようとすると、どうしても左右にズレが生じてしまいあらぬ方向にボールが飛んでいってしまうことがあります。
しかし、この方法なら垂直に投げることができるだけでなく、なぜか勝手に補正がつくので勝手にポケモンにボールが飛んでいきます。
限りなく確定で当てることに成功するので、おすすめの投法です。

ボーナスはあえて「Nice」を狙う!

手っ取り早く経験値を獲得したいなら、あえてNiceを狙っていくのがおすすめです。
画面にタッチすると円が収縮していきますが、これが中心に近づけば近づくほどNice→Great→Excellentといったようにボーナスが増えていきます。

しかし、その分狙ってボーナスを獲得することが難しくなり、結局ボーナス無しでポケモンゲット……となることもしばしば。
なので、あえて円の大きさを外側の枠線に合うくらい大きくして投げていくのもひとつの手です。
ちょうど下の画像くらいの大きさでしょうか?
体感的には、一番大きな円にするとほとんどNiceボーナスが付いてくるな〜と感じます。

IMG_20160724_194850

ポケモンがジャンプや抵抗をしてきたら投げるな!

時々行ってくるモーションに、ポケモンの「いかく」と「ジャンプ」があります。
これは瞬間的にランダムで起こる動作なのですが、これらを行っている時はモンスターボールを当ててもキャッチすることができません。
サークルが無くなっているということも目印になりますね。

Screenshot_2016-07-24-19-25-34

ですので、ボールの無駄遣いを無くすためにもヘンな動きをしていた時はちょっと様子を見たほうが良いかもしれません。
ボールがなくなった、ってなったら悲惨ですもんね(´・ω・`)

カーブボールボーナスをより確実に得る方法

また、カーブボールボーナスも積極的に狙っていきましょう。
最初のうちは難しいかもしれませんが、案外すぐに慣れることができると思います。
基本的には「つ」の字を描くように放り投げれば良いのですが、どうも画面中央に定めることができずに外してしまうことが多いですよね。
そこで提案したいのが、先にボールに遠心力をかけてしまう投げ方。
ボールを投げずにタッチしたままくるくる回すと、ボールが光を発しながら補正がつきます。

そこからふわっと中央に向かわせるように投げることで、ほぼ確実にカーブボールボーナスをつけることができます。
クセのあるカーブに最初は戸惑うかもしれませんが、時計回りならポケモンのちょっと左側を狙うように意識して投げると当たります。
成功すれば経験値が「+10」あがるという、かなり地味なものとなってはいますが……
ここら辺はチリツモ感覚でいきましょう。

まとめ

ポケモンGOのボールの投げ方のコツについて見てみました。
基本的には「ベゼル投げ」でOK・カーブボールボーナスも積極的に!ということを中心として書いてきました。
ですが、気分によってはアナログでやってみてもいいかも知れませんね(笑)

Pocket

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*