ポケモンGOでニックネームが使えない!エラーを回避する登録の方法とは?

Pocket

ポケモンGOが配信されてから、初めての土日が終わりましたね。
面白半分にダウンロードしている人もいるのでしょうが、一日でアプリダウンロードランキング一位に輝いた……なんていう報告まであって、国内ユーザーもよほど楽しみに待ち受けていたんだろうな~と感じます。
そこで、新たにポケモンGOをやってみよう!として登録を進めてみたものの、なんだかニックネームでエラーが起きまくって進めないッ……となってしまう人がチラホラといる状況があるみたいです。

そこで今回は、ポケモンGOでニックネームが使えないときに試したい、エラーを回避する登録の方法や付け方の例などについてまとめてみようと思います。

スポンサーリンク

ニックネームが使えない!

登録を進めていく上で、非常に悩む部分でもある「ニックネーム作成」。
基本的に後から変更することはできないので、ここでインスピレーションに任せてビシっと決めたいところですが……
どうやら、全くと言っていいほどニックネームが被っていて使えないという事案が多発しているみたいですね。

実際、僕もそれなりにですがソシャゲをやっていたので自分の中でなんとなく決めているニックネームはあったのですが、全然使えませんでした(泣)
いったいどうしたものか……と考えていろいろ試行錯誤してみたので、もし同じような症状に出くわしている人がいれば以下のものを参考にしてみると良いかもしれません。

大文字や数字を取り入れる

まず最初に試してみて欲しいのは、ニックネームに大文字を取り入れてみること。
他のユーザーが登録していない名前を付けられるのが理想的ですが、大体の人は全部小文字で入力していることが多いです。
ポケモンGOでは大文字と小文字が区別されますので、もしかすると全部が小文字の人は最初に大文字を入れてあげれば被らなくなるかもしれません。

  • 例:apple⇒Apple

また、大小を織り交ぜてかっこ良くしてみても良いかもしれませんね。

  • 例:AuTomaTic

ただ、これだけだと特に外国人に既に使われていることも多いので、今となってはあまり効果の無い命名方法なのかもしれません……

そこでおすすめなのが、数字も一緒に取り入れてみること。
英単語+数字でパスワードっぽくなってしまうと感じますが、それっぽいキーワードをつなぎ合わせればあまり感じられません。

  • 例:1Punch

それなりに読める様になるものを見つけるのは人のセンスによると思いますが、そこら辺は頑張るしかありませんね(´・ω・`)
(僕の例は無かったことにしてください(笑))
Twitterでも命名のヒントとなりそうなことをつぶやいている人がいますので、検索してみると楽しいかもしれません。

独自性を出したいなら、英単語2つを組み合わせたものを考える!

でもやっぱり、「いちいち検索してられないなぁ……」とか「センスの有りそうなもの、ないかなぁ……」と考えている人も多いと思います。
そこで提案なのですが、英単語を2つ思い浮かべ、つなぎあわせて造語にしてしまうというのはどうでしょうか?
でもそんなうまい感じに単語なんて思い浮かばないよ……という人が多いですよね。

ここでまたおすすめが入りますが、造語の自動生成サイトにWordoidというものがあります。
これ本当におすすめです(´・ω・`)
僕もゲームに限らず何か名前を作成するときに、たまに利用しています。
キーワードをひとつ入力してから希望の文字数を設定すると、そのキーワードを含む様々なネーミング案を勝手に作ってくれちゃいます。
何となく「pokemon」というキーワードが思い浮かんだので、画面左端にある検索窓に打ち込み実際に試してみました。

  • pokemoney・・・ポケモン+お金(money)
  • pokemonths・・・ポケモン+月(month)
  • pokemonium・・・ポケモン+ラテン語由来の語尾(-ium)

おお……
今適当に思いついた単語だったのに、なんかそれっぽい(爆)

このように、2つの単語に意味を持ったものがいい感じにブレンドされるネーミングサイトもあるので、いろいろ調べてためしてみると良いかもしれません。

まとめ

ポケモンGOでニックネームが使えないときの命名法について見てみました。
これまでの話をまとめてみると、

  • ニックネームは大文字と小文字・数字を程よく織り交ぜる
  • それでも思いつきそうにないなら、ニックネーム自動生成サイトを利用する

というところですね。

個人的にはニックネームって結構すんなり決まるイメージがあったのですが、今回に限っては被りまくりで挫折しそうになりました……
他のところから力を借りるのも、一つの手なんだということがお分かりいただけたのではないでしょうか?

Pocket

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*