お盆の渋滞予測2016年版!新幹線や高速道路の混雑ラッシュはいつ?

Pocket

毎年お盆の季節になると地元へ帰省する人も多く、必ずと言っていいほど渋滞が起こります。
移動手段となると、新幹線や高速道路を使った車などですね。
前もって調べておかないと、いつ渋滞に巻き込まれて帰りが遅くなるのか分かったもんじゃありません(´・ω・`)
新幹線であれば自由席で立ちっぱなし、車であれば高速道路で立ち往生……なんて経験も、あるんじゃないでしょうか?

そこで今回は、各地で起こりそうな渋滞状況について過去のデータから予測してみました。
2016年のお盆に起こる渋滞ピーク日やピーク時間はいつになるのか?
詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

2016年のお盆休みはいつからいつまで?

そもそも、2016年のお盆休みっていつからなのでしょうか?
日本には8月13日にご先祖様を迎える「迎え火」ということから始まり、8月16日にお送りする「送り火」を焚くという風習がいまでも受け継がれています。
ですので一般的なお盆休みというのは、現在では8月13日から8月16日の4日間であるということで設定されている地域が多いです。
ただ、お盆休みは地方によって異なることもあり、ある地域では7月13日から4日間とする場所もあるようです(8月を月遅れとしている)。
お住いの地域ではどのように設定されているのか、確認してみるといいかもしれません。

また、今年はお盆休みとは別に新しい祝日も併設されますね。
8月11日にある、山の日です。
これがいかに絡むのか、というところから今年のお盆休みを設定してみると……

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

8月13日(土)~16日(火)の間だけでも4日間、山の日とお盆休みの間に有給休暇を取ったとすると6日間という長さの休みとなります!
今年のお盆休みは、土日と被ってしまっていますね(´・ω・`)
しかし年休を推進しているような会社であれば、もしかすると8(月)、9(火)、10(水)と3日間の休日を迎えることができるかもしれません。
そのような場合には、最長で8月6日(土)~8月16日(火)というような11連休を取ることだって可能となってきます。

まあ全部の会社でそんなことはできないと思うので、6連休となるパターンが一番多いんじゃないのかな~と思います。
(12日(金)にどれだけの人が有給をとれるのか……ということは置いといて、ガッチリ休むことはできますし)

2016年の渋滞のピーク時間は?

そこで気になってくるのが、交通渋滞が起こりそうな時間帯。
毎年多くの時間帯で渋滞が確認されていますが、今年の傾向はどのようになっているのでしょうか?
移動手段別にまとめてみました。

車・高速道路の渋滞ピーク

まずは2016年の高速道路のお盆渋滞予測についてです。
NEXCO中日本ホームページの渋滞予測によると、一番多いと予想されるのはやっぱり8月11日(木)8月16日(火)
それぞれ上りと下りでハッキリと別れており、めちゃくちゃ長くなりそうな場所をピックアップしてみると

    下り8月11日(木)

  • 東名高速道路は、下り伊勢原BS付近で35kmほど
  • 中央自動車道は、下り相模湖IC付近で40kmほど
  • 関越自動車道は、下り東松山IC付近で40kmほど
    上り8月16日(火)

  • 東名高速道路は、上り大和TN付近で25kmほど
  • 東北自動車道は、上り上河内SA付近では35kmほど、西那須野塩原IC付近では25kmほど
  • 中央自動車道は、上り小仏TN付近では30kmほど、土岐IC付近では25kmほど

となっていました。

どの渋滞も17時~19時台に起こるものが多く、基本的には「夕方に移動してしまおう!」と考えている人が多いみたいですね。

高速道路で帰省しようと考えている方なら頭に入れておきたいことですが、渋滞に巻き込まれるのは当たり前であり仕方のないことです。
僕の親戚も毎年東京から宮城に帰省してきますが、向こうに帰って行く際には「高速道路が混むから……」という理由で朝の4時に出発しています。
そのくらいの早さで行っても、結局関東付近で渋滞に巻き込まれてしまう……ということをボヤいていました(´・ω・`)
ですので、初めて車で帰省しようと考えている方は、その辺りの覚悟を持って臨まないといけませんね。

渋滞1キロにかかる時間とガソリン量

ちなみに、渋滞1kmを抜けるために必要な時間をご存知でしょうか?
その時の道路状況にもよりますが、おおよそ大きな幹線高速道路の場合は

  • 断続渋滞(流れが悪い程度)は1kmで約3分
  • だらだら動いてる程度だと1kmで約5分
  • 動いたり止まったり……を繰り返している時は1kmで約8分
  • ほとんど止まっている時は1kmで約10分

となっています。
日本道路交通情報センターでは時速40km以下を「渋滞」と定義づけていますので、動いたり止まったりを繰り返しているようだと下道を通ったほうが速い……なんてこともあり得ます。

また消費するガソリン量については、エンジンつけっぱの「アイドリング状態」だと約4リットル消費するということでした。

もし渋滞に巻き込まれて1時間程度の時間、渋滞走行を強いられた場合、常にエンジンをつけた「アイドリング状態」をキープしていると、アイドリングのみで「3リッターから5リッター近く」のガソリンを消費していることになります。
引用元:good-nenpi.com

今時の車なら勝手にエンジンが切れる物もありますが、大半のモノは自分で切らないと節約はできませんね。
もし運転中に余裕があるようなら、渋滞に巻き込まれた時はアイドリングストップを使うようにしましょう。

新幹線のお盆混雑状況は?

次は、2016年の新幹線のお盆混雑状況です。
特に、新幹線で予約が取れなくなるほど混雑が予想されるのは

  • 8月13日(土)
  • 8月15日(月)

の2日間。
車とは違うみたいですね~(*_*)
短い期間だけ帰省しようと考えている人が、手っ取り早く移動したい!と思って新幹線を利用するといったパターンが多いみたいです。
ですので、休みの前日には自宅に帰っている……ということを考えています。

このピーク日ですが、特に昼の12時~夕方の18時あたりになってくると、自由席と言っておきながら全く席に座れないということもあり得ます。
ですので、早めに計画を立てて指定席券を買ってしまうのが得策ですね。
自由席も指定席も大して価格は変わりませんし……
JR東日本ですと、指定席を予約して買えるようになるのはちょうど一ヶ月後までのものです。
ですから、7月13日と15日は新幹線の席を買うピークの日となることが予想されます。
前もってチケットを獲得するための時間をとっておくようにしましょう。

飛行機のお盆ピークは?

最後は2016年の飛行機のお盆ピークについてです。
特に海外へ行く方は、まとめて有給を当ててお盆休みにする傾向にあります。
場合によっては8月7日から旅行に旅立とうとする人もいると思いますので、結構早い段階でチケットを購入しなくてはいけません。
こちらも新幹線と同様と考えていいですが、どちらかと言うと長期滞在したい人が多いという印象を受けるので

  • 8月6日(土)
  • 8月15日(月)

がピークとなってきそうです。
長ーい連休を削ってまで、移動に時間を掛けたくありませんからね……

でも飛行機はモノがモノですから、計画を立てて購入する方が多いです。
そのため混雑時期は分散される傾向にあり、おおよその値となってきます。

まとめ

移動手段別にお盆の渋滞予測をまとめてみました。
もう一度混雑のピークをおさらいすると、

  • 自動車高速道路:下り8月11日(木)、上り8月16日(火)18時頃
  • 新幹線:下り8月13日(土)、上り8月15日(月)昼~夕方にかけて
  • 飛行機:8月6日(土)、8月15日(月)日中

となってきます。

なるべく渋滞を避けて帰省したい人は、お盆休みの計画をしっかりと立てることが大切です。
思う存分休みを満喫しましょう!

Pocket

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*