ディズニーハロウィーン2016まとめ!仮装やコスプレの注意点は?

Pocket

2016年も行われる、ディズニー・ハロウィン
最近のハロウィンは渋谷や原宿で流行している……と思っていましたが、実はディズニー・ハロウィンがブームの火付け役となったということをご存知でしょうか?
ディズニーといえばいつもパレードやキャラを見たり、アトラクションに乗ってみたり……ということが多いと思いますが、10月はハロウィンということでコスプレをしてみてはどうでしょうか?

そこで今回は、ディズニー・ハロウィンについての情報をまとめてみました。

スポンサーリンク

ディズニーハロウィン2016はいつから?

ディズニー・ハロウィンの2016年の日程は、

 9月9日(木)~11月1日(火)

となっています。
このイベント期間の中だったら、ディズニーキャラのコスプレができるということですね。

仮装についてですが、ディズニーランドとディズニーシーの両方で行うことができます。
しかしここで注意点が。
全身をコスプレで包む、いわゆる「フル仮装」ができるのは小学生以下の子どもだけです。
大人はフル仮装ができる期間が設定されており、それ以外の期間は部分仮装のみとなります。
大人がフル仮装できる日は、

9月9日(金)~9月15日(木)
10月25日(火)~10月31日(月)

の2種類の期間です。
この日以外にフル装備していってしまうと、受付で注意され入ることができなくなってしまうので気をつけるようにしましょう。

フル仮装と部分仮装の基準って?

ところで、フル仮装と部分仮装の境い目ってどのあたりにあるんでしょうか?

フル仮装はその名の通り、全身をキャラクターで包んだファッションです。
上から下までディズニーのグッズで固めてしまっても、問題ない日であれば許される格好ですね。

部分仮装についてですが、明確な基準というものは存在しておらず、現場の判断になるということでした(-.-;)
意気揚々と着込んでいって「この格好はダメですね!」なんて言われたら洒落になりませんよね……
こういう時こそネットの出番!
実際に行ったことのある人からの体験談などを読み尽くし、部分仮装と判断されやすい格好について調べてみました。
簡単にまとめると、

  1. 私服の上から着用するもの(羽根など)
  2. 頭の上につけるもの(カチューシャや帽子など)
  3. 一部だけの着こなし(Tシャツやパーカーなど)

などといったモノについては部分仮装と判断されやすいみたいですね。
ただ、これはあくまでも目安であるので本当にこの格好でいいのか?と感じた際には直接ディズニーへ連絡を入れてみるといいかもしれません。

  • 東京ディズニーリゾート・インフォメーションセンター 0570-00-8632

ハロウィンの仮装の注意点

また、公式では園内で禁止されているハロウィンのメイクや仮装についての注意点が記載されています。
順番に見ていきましょう。

仮装できるディズニーのキャラは?

仮装できるキャラクターは、

  • ディズニーの映画や番組・ゲームに登場するディズニーキャラクター
  • ランド・シーに登場するディズニーキャラクターやダンサーさん達の衣装

となっています。当たり前ですけど、ディズニーキャラクターでもない他社キャラに変装するのはNGですね。

また、ここは見落としがちになってくる注意ポイントなのですが、マーベル社のキャラクターの仮装は禁止されています。
マーベルツムツムに出てくるものはダメっていうことですね(´・ω・`)

どうしてこんな面倒くさいことになっているのかというと、マーベルとディズニーの関係がうまくいっていないことにあるようです。
過去にマーベル・コミックスがディズニーに買収されたのですが、キャラクターの権利はマーベル社がそのまま持ち続けているからなんですね。
ですから、キャラクターは別々に管理しよう!ということで今のところUSJとディズニーでキャラが二分化している……ということでした。
今年の注意にも書いてあったので、しばらくこの傾向は続くんじゃないのかな~と思います。

また服装についての注意点は、

  • 露出の多い服装(肩ひも無し・おなかの露出など)
  • ひきずってしまうほど長いドレスや装飾・髪など
  • 全身タイツ・水着や下着が外に見えるもの

はNGとなっています。
めちゃくちゃ簡単にまとめると、常識的に考えた服装なら良いということですね。

メイクや小道具の限度はどのくらい?

こちらについては、いつもやっている以上の過度なメイクや長い棒などを持つ危険なアイテムは禁止ということになっていました。
特に顔が分かりにくくなるものについては厳しく取り締まっており、

  • お面・ゴムマスク・付け鼻で顔をおおう
  • 顔全体に肌と違う色や濃い色を塗ったり、傷跡や血のりを描く
  • 口元全体にひげを描く(一部はOK)

ということは禁止されています。

また小道具についてですが、

  • 手荷物(幅60cm×高さ50cm×奥行25cm)の中に入らないもの
  • 危険物(ナイフ・モデルガン・花火等)
  • ローラースケート・スケボ

といったものが禁止物となっています。

まとめ

ディズニーハロウィーン2016の期間や仮装の注意点などについて見てみました。
最後にまとめると、

    • 期間

ハロウィン・・・9月9日(木)~11月1日(火)
フル仮装が可能な日・・・9月9日(金)~9月15日(木)、10月25日(火)~10月31日(月)

    • 仮装の注意点

マーベル社のキャラクターの仮装は禁止
露出の多い服装(肩ひも無し・おなかの露出など)
ひきずってしまうほど長いドレスや装飾・髪など
全身タイツ・水着や下着が外に見えるもの

お面・ゴムマスク・付け鼻で顔をおおう
顔全体に肌と違う色や濃い色を塗ったり、傷跡や血のりを描く
口元全体にひげを描く(一部はOK)

手荷物(幅60cm×高さ50cm×奥行25cm)の中に入らないもの
危険物(ナイフ・モデルガン・花火等)
ローラースケート・スケボ

禁止

となっています。

注意事項を守って、楽しくハロウィンを過ごしましょう!

Pocket

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*