緊急地震速報の誤報が起こる原因は?誤報が起きた観測点のその後に迫る

Pocket

大きな震災が予想される度に流れてくる、緊急地震速報。
正直アレを聞いただけで「ビクッ」となってしまうのですが、基本的には事前に知らせてくれる便利な機能ですよね(と言っても、ものの数秒ですが)。
しかし、最近は誤報による危険性も話題になっています。

そこで気になったのですが、どうして緊急地震速報の誤報は起こるのでしょうか?

スポンサーリンク

誤報の理由は振れ幅の誤受信

2016年8月1日。
この記事を書いている日にも緊急地震速報の誤報が流れてきました。
震度7の地震が来る……!ということで、身構えた人も多かったのではないでしょうか?

原因については、振れ幅の異常値の誤受信が原因だという発表がありました。

平成 28 年 8 月 1 日 17 時 09 分頃に、千葉県富津市付近を中心に最大震度7を
予測した緊急地震速報(予報)を発表しましたが、その後周辺の観測点で揺れ
が観測されなかったため、15 秒後にキャンセル報を発表しました。
この原因は、緊急地震速報に活用している防災科学技術研究所の富津観測点
のデータに大きなノイズが記録されたためです。

引用元:気象庁

今回の場合は公式な緊急地震速報は流れておらず、特定のアプリに関してだけ先に流れてしまったという状況にあったということを見聞きしています。
こんなことってあるんですね……

ちなみに、発表前までは落雷によるものなんじゃないか?という噂が流れてきているようでした。

今までの過去の誤報はどんな理由によるものだった?

今回は関東でM9.1の震度7、というとてつもない被害が予想される規模であったため、一気に話題が広がりました。
しかし、今までも地震に対する誤報はあります。
例えば、2013年8月8日
和歌山県北部を中心に近畿地方で速報が流れましたが、実際に来たのはマグニチュード2.3、震度1未満の無感地震。
この時も今回と同じで、ヒヤヒヤしただけでなんともありませんでした。

どうしてこのようなことが起こったのかというと、和歌山県北部の地震発生と同じタイミングで三重県南東沖の海底地震計がノイズを間違った揺れとして検知したから。
海底地震計が感じた揺れによって、本来起こらないはずの揺れが記録されてしまい、地震の到達や大きさの計算に支障が出てしまったことが原因でした。
ちなみに、この海底地震計は現在利用されていないみたいですね。

また、2009年8月25日の誤報もあります。
千葉県、茨城県、東京都、神奈川県東部、埼玉県南部といった関東を中心に、予測震度が1~4ということで電波が飛びました。
しかし実際の震度は0。
全く来なかったということですね(´・ω・`)

こちらの原因についても、千葉県南房総市にある観測点から異常な振幅値のデータが送られてきたため、となっていました。
地形的な問題もあってか、現在は誤報が起こった「千葉三芳」は利用が停止されています。

なんか、こんなことを見ていると今回問題が起こった「防災科学技術研究所・富津観測点」も、しばらく利用が停止してしまいそうですね。

まとめ

緊急地震速報が誤報で流れる理由とその後について見てみました。
僕は常々思っているのですが、いきなりくるとびっくりするんですよ、緊急地震速報……
正直、いきなり来ても身構えることくらいしかできないので、どうしようもない時は「えっ(´・ω・`)」ってなって終わってしまいます。
他の知らせるいい手段はないのかな~なんて考えていますが、うまいこと思いつきません。
難しいところです。

Pocket

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*