楽天オークションはなぜ終了になる?他サービスに勝てない3つの理由

Pocket

一時期はヤフオクに迫る勢いを見せたように思えた「楽天オークション」が、10月末を持って終了するというニュースがありました。
オークションをよく利用する人は、ちょっとびっくりする出来ごとなんじゃないのかな~と思います。
どうもニュース記事上では「ヤフオクの牙城を崩せなかった」といった見出しであふれているみたいですが、わざわざサービスを終了させるのにはなにか他の理由もあるはずです。

そこで今回は、なぜ楽天オークションが終了してしまったのか、その理由について考えてみようと思います。

スポンサーリンク

楽天オークションのサービス終了後の流れは?

まず、楽天オークションが終了した後の今後の流れについて触れていきましょう。
2006年より運営していた「楽天オークション」のサービスを、2016年10月31日(月)をもって終了するという案内が出ていますね。

いつも楽天オークションをご利用くださいまして、誠にありがとうございます。

このたび、2006年より運営してまいりました「楽天オークション」のサービスを、2016年10月31日(月)をもちまして終了することとなりましたのでご案内いたします。長年にわたり「楽天オークション」をご愛用いただきましたお客様に、心より感謝申し上げます。「楽天オークション」に代わる楽天グループサービスとして今後、フリマアプリ「ラクマ」または「楽天市場」をぜひご利用いただけますと幸いです。

引用元:楽天オークション

これ以降はサービスを利用することができないということで、個人はアプリ版の「ラクマ」を、法人はそのまま「楽天市場」で出品するようすすめています。

なんだろう、楽天とNTTドコモが共同出資して子会社を誕生させた……みたいなことが書かれていたのに、もったいないような気もしますよね。
それこそ10年も続けていたのにヽ(・ω・)/

なんでやめてしまうのか、理由を3つほどあげてみました。

とにかく人が少なかった

真っ先にあげられる理由は、とにかく利用人数が少なかったこと。
取引数で比較すると、ヤフオクの一日の出品取引数が約3000万ほどに対し、楽オクは約200万だというみたいなのです。
数字にしてみると15倍近い開きがあるので、利用者の偏りも起こっていたといいます。
そんな状況の中で取り引きするのって、出品者にとっては損になってしまうことが多いですよね。
「こんなに状態もいい商品を出したって、大した利益にならなさそうだしヤフオクで売ったほうがいろんな人が見てくれる!」と考える出品者が増えたことも原因なのではないでしょうか?
(まあそれでも、業者による出品もあったのである程度安くは手に入れることができたのですが)

メルカリなどのもっと手軽なサービスが後から出てきた

また、スマホの普及によってアプリの充実がされたことも理由ですね。
最近ではめちゃくちゃ簡単に出品できる「メルカリ」などのアプリが、学生の間でも人気です。
そりゃあ、写真撮って商品の特徴を書く⇒数タップですぐ購入という流れができてしまえば、いちいちパソコンを使った商品の編集なんてしなくても良いってもんですよ(´・ω・`)
手軽にアプリをダウンロードして、会員登録もすぐに終えることができるという初心者にも優しい設計だったのも大きいですね~

その点、楽天オークションは「パソコンに写真をアップロードして、よく分からないけどいくつかの方法でジャンルを選んで……」なんていう手間がありますから、離れていくのもしかたがないのかもしれません。

売り上げを一本化しようとしている?

最後は「ラクマ」にサービスを統合することで、利用者の確保を図ろうとしていることです。まあ予想に近いですけどね。。。
実際、数ヶ月ほどしか運用されていないラクマのほうが10年継続していた楽オクよりも売り上げが上昇しているという情報もあります。

 一方、楽天はフリーマーケットアプリ「ラクマ」を14年から開始しており、今年2月には楽天オークションの流通総額を上回っていた。10年間続いた楽天オークションの終了後は、個人間の商品取引はラクマに集中させる。
引用元:ライブドアニュース

上にも書きましたが、個人向けには「ラクマ」、法人向けには既存の楽天市場にサービスを統合させることで運用費の削減や人員の確保を狙っているんじゃないでしょうか?
特に企業なんかはフリマとして出品するよりも店舗として設置させていたほうが管理しやすそうですよね。
いちいち時間に追われることは少なくなるだろうし……

まとめ

楽天オークションがなぜ勝ち残れなかったのか?ということについて見ていきました。
まとめると、

  • とにかく利用する人が少なかった
  • 他の手軽なサービスが出てきてしまった
  • 運用費の削減、利用者の確保を狙っている

といったことなんじゃないでしょうか?

ここまで書いておいてなんですが、僕はオークションやフリマってあんまり利用したことないんですよね(´・ω・`)
結構安く買えるものは探せばある、ということは耳にするのですが……どうも難しいような気がして(汗)
これを機に、メルカリでも始めてみようかな……とか思ったニュースでした。

Pocket

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*