南雲満友のプロレス愛がスゴイ!大学や父親のプロフィールを調査!

Pocket

9月27日放送のマツコの知らない世界では、プロレス女子ということで南雲満友さんが出演します!
女子大生の間ではプロレスの再ブームが来ているということでしたが、本当にそうなのか(´・ω・`)

生まれてからずっとプロレスのことで頭がいっぱいだという彼女ですが、そんな南雲満友さんのプロフィールなどを紹介していこうと思います!

スポンサーリンク

南雲満友のプロフィール

南雲満友

名前南雲満友(なぐも まゆう)
出身東京都板橋区
大学慶應義塾大学
身長153cm

南雲さんは現在慶應義塾大学に通う、現役女子大生。
名字の読み方は「なぐも」っていうんですね。。。珍しいです。
フェイスブックでは「柏木由紀みたい!」と言われていました。

過去にはインターナショナルカレッジとしてイギリスの「シャーボーン・スクール」に留学したこともあるというアクティブさで、英語と日本語を話すことができるバイリンガルなのだとか。
それでいてプロレス好きっていうのものなぁ……
血液型もO型って言っているみたいですし、そういった行動力はそこからも来ているのかなぁなんて思ったり(´・ω・`)

慶應義塾大学1年のときには「Art&Technology」というものづくりワークショップの活動を行っています。
なんでも、新入生に『ものづくりの楽しさを知ってもらいたい!』という願いから開始されたらしいのですが……
座学だけではなく、実際にやって楽しさを伝えようとする慶應義塾の「実学的な学習方法」が表立っている印象ですね。
2013年には「金魚すい」という作品で、アート&テクノロジー東北2013において最優秀賞受賞を果たしていました。
動画見てみたんですけど、正直原理がようわからん(´・ω・`)
ストレス解消になりそうですけどね!

南雲満友もプロレス活動している?

そんな南雲満友さんですが、実は大学でもプロレスに関する活動も行っているということでした!
当たり前っちゃ当たり前なのかな(´・ω・`)

「慶應プロレス研究会」というサークルに所属しており、日々プロレスに関する情報集めや実践をやっています。
男ばかりいるもんだと思っていたのですが、案外そうではなさそうなのが意外ですね……
これは本当にプ女子の時代が来ているのかなぁ( ̄ー ̄)

新入生コンパがすでになんかアレだし……

2015年の慶應義塾大学祭「三田祭」では、なんと南雲さんがプロレスの学生選手としてデビューを果たしていたのだとか。
プロレスを見ているだけでは飽き足らず……上でも書きましたが、行動力がすごい(´・ω・`)

リングネームは「アメージング・プリンセス・マユコング」
身長153cmの南雲さんのイメージと合っているのかという想像はお任せします(*´・ω・)
屋外ステージでプロレスバトルを行っていたそうなのですが、動画とかあったら見てみたかったなぁ……
実際に技をかけることによって、プロレス選手の気持ちがさらに分かるようになったと言っているのですから説得力がありますよね。

なんでプロレスに目覚めたのかということも気になったのですが、過去に出演してたラジオできっかけを話していました。

お父さんがプロレスリングのマットを作るお仕事をされていて、物心つく前からプロレスに親しんでいました。現在よりもっと男臭かった時代からずっと見てきた試合の中でも、大仁田選手の有刺鉄線電流爆破マッチが忘れられないと言います。

引用元:福井謙二グッモニ

父親がプロレスリングのマットをつくっている会社にいるんですか……
大仁田厚さんの試合が忘れられない……なんて、当時の女子にいたのかなぁ?

onitaatsushi

引用元:alpha-japan.com

まとめ

プロレス女子の南雲満友さんについて見ていきました。
「マツ知ら」は今回スペシャルなので、何気に火曜日が楽しみなんですよね。。。

今回、ゲストとして出演するオカダ・カズチカさんの演出にも期待がかかりますね!

⇒ オカダカズチカの年収はフェラーリを即日購入できるくらいあるらしい

Pocket

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*