ボジョレーヌーボー2016の出来はいい?コピペや評価はどうなる

Pocket

2016年のボジョレーヌーボーの解禁日が近づいてきましたね!
今年の出来を気にする人も、もうそろそろいるんじゃないかな~と感じます。

去年の出来も良かったですが、今年は一体どうなるのか?
また、おすすめのブランドやイベントについてはどうなっているのか?

今回は、そのあたりに注目していこうと思います!

スポンサーリンク

ボジョレーヌーボーの解禁日はいつ?

2016年のボジョレーヌーボーの解禁日は、11月17日(木)となっています。
ボジョレーヌーボーといえば解禁日は11月の第3木曜日が原則となっていますが、今年もその通りの時期の解禁となりますね。

ボジョレーヌーボーの解禁日の法則が決められたきっかけは?

なぜ第3木曜日に決められているのか……といいますと、理由は様々あるんですよね。
一番大きな理由としては、早出しによる業界の品質劣化を防ぐため。
近年では企業によるボジョレーヌーボーの進出が進み、いろんな会社からボジョレーヌーボーが出てきています。
多くなればなるほど、企業によるお客さんの争奪戦が始まってしまいますよね。
ということは、「他の会社よりも早めに出して、売り上げを一足先に伸ばしてしまおう」と考える企業が出てくるわけなんです。正月の初売りに似たものがありますね(´・ω・`)
この状態が続くと「じゃあウチも!」となってくる会社が続出してしまい、結果として業界全体が早め早めの解禁となってしまうのです。

そうなってくると、本来なら収穫時期に採るべき黒ぶどうが十分に成熟しないままもぎ取られてしまうことになり、美味しくないボジョレーヌーボーが出来上がってしまいます。
こうなるといけない!ということで、元々の生産地・フランスでは政府が主導となって1967年に解禁日(11月15日)を定めたのです。

しかし、日本の場合はちょっと事情が違います。
日本の場合も当初の解禁日は11月15日で固定でした。
しかし、日本は基本的に外国からの輸入でボジョレーヌーボーを楽しんでいます。
この日が土日にあたるとワインの運搬業者が休みとなってしまうため、1985年より11月の第3木曜日に改定されたという事情があるのです。

だから毎年解禁日がちょっと違うんですね(´・ω・`)

ボジョレーヌーボー2016の出来はどうなのか?

そこで気になる今年のボジョレーヌーボーの出来ですが、去年と同等の出来であると考えています。
天災などもひどかったみたいなのですが、収穫面積は広がってきているからです。

実は今年の春に、フランスでは霜によって10000haほどのぶどう畑に植えられていた芽が枯れてしまった……という出来ごとがありました。

シャブリ(Chablis)では毎年必ず霜が降りるので、放水作業やガス火を起こした対策がとられてはいたのだが、やはりすべての畑をカヴァーすることは不可能で、かなりの芽が落ちたという。ブルゴーニュの10000haあまりの畑に多大な被害があった。


5162-1
引用元:wine-what.jp

これを見ると、去年よりも収穫数が減少してしまうのではないか……?と感じてしまいますよね。
今年はイギリスがEUを脱退するなどといった、中学生の公民の教科書に載るレベルの出来ごとがあったりと、何かと心配なところではあります。
これとは別に、それまでヨーロッパのワインが世界中のシェアを持っていたものがヨーロッパ以外のワインに置き換わってしまっているという事実もありますけどね(´・ω・`)

しかし、今年からはフランスでぶどう園の新規開設事業を行っていま

その原因は明らかにワインの品質差にあって、世界の消費者はヨーロッパのワインを優先的に選ぶことをしなくなりました。そのためEUは、ぶどう栽培の根本から手をつけざるを得ない事態に陥りました。
そこで大幅な減反政策を導入し、新規のぶどう園開設も認めない政策がとられましたが、その期限が2015年となっており、本年以降の新たな基準が策定されることになりました。

引用元:worldfinewines.com

これまではEUの取り決めで「EUに加盟している国ではぶどう園の開拓はしちゃダメよ(*´・ω・)」というものがあり、認められませんでした。
今年からはワインの品質が低下傾向にあるから、ヨーロッパを立て直そう!ということで規制が緩和されたのです。
過剰生産しないように制限は付いていますが、これを加えてみてみると去年とそんなに変わらないんじゃないのかな……と思うんですよね(´・ω・`)
夏の終わりに雨がひどかったという話も聞きませんし、今年は安定して美味しくいただけるものがやって来るんじゃないかと思います。

ボジョレーヌーボー2016のキャッチコピーの予想は?

知っている人は知っている、ボジョレーヌーボーのキャッチコピー。
その年の出来に合わせて決められるものなのですが、今年はどうなるのでしょうか?

過去のコピペはどうなっているのか、見てみましょう。

  • 95年「ここ数年で一番出来が良い」
  • 96年「10年に一度の逸品」
  • 97年「1976年以来の品質」
  • 98年「10年に一度の当たり年」
  • 99年「品質は昨年より良い」
  • 00年「出来は上々で申し分の無い仕上がり」
  • 01年「ここ10年で最高」
  • 02年「過去10年で最高と言われた01年を上回る出来栄え」「1995年以来の出来」
  • 03年「100年に一度の出来」「近年にない良い出来」
  • 04年「香りが強く中々の出来栄え」
  • 05年「ここ数年で最高」
  • 06年「昨年同様良い出来栄え」
  • 07年「柔らかく果実味が豊かで上質な味わい」
  • 08年「豊かな果実味と程よい酸味が調和した味」
  • 09年「50年に一度の出来栄え」
  • 10年「今年は天候が良かった為、昨年並みの仕上がり」 「1950年以降最高の出来といわれた2009年と同等の出来」
  • 11年「近年の当たり年である2009年に匹敵する出来」「3年連続で、とても偉大な品質」
  • 12年「ボジョレー史上最悪の不作」
  • 13年「記録的な不作だった昨年は上回った」「みずみずしさが感じられる素晴らしい品質」「小粒だが味の濃いブドウが収穫できた」
  • 14年「近年の当たり年である2009年と肩を並べるクオリティ」
  • 15年「我がワイン人生最良のヌーヴォー」「記憶に残る素晴らしい出来栄え」

品質のインフレ化が止まらない(´・ω・`)
ただ、2012年は最悪の天候であったことから「ボジョレー史上最悪の不作」ということが書かれていますね。そのあたりはちゃんとしている(*´・ω・)(・ω・`*)

コピペはネタ的な要素が強いのですが、それでもその都市の品質を測るのには良い指標となりますよね。
今年はEU関連のキーワードが出てきそうな予感がします。
上記でも書いたように、今年からは新規開拓された土地なども増えていますので「ぶどうが増えた」関連といったものも怪しい……
2015年と肩を並べる程度の品質なのかな?ということにしておきましょう(´・ω・`)

ちなみに、下のグラフはその年の品質コピペによって描かれたものです。

ボジョレーヌーボー

まとめ

ボジョレーヌーボー2016の出来やコピペ予想などについて見ていきました。
今年の出来は年平均並なんじゃないかな~ということで予想を立ててみたのですが、実際は飲んでみないとわからないですよね(´・ω・`)
コピペもぶどう自体の生産が増えている……というものが有力なのかもしれません。

今年の出来にも期待して待ちましょう!

Pocket

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*