松坂大輔の引退時期はいつになる?復帰や全盛期の頃の活躍は厳しいのか

Pocket

日本復帰後、初の1軍登板を果たした松坂大輔投手が大失点を犯してしまうという出来ごとがありました。
全盛期を知っている人からすると「何だこれは……」と思ってしまうほどの失態だということで、引退時期についてのコメントが目立つような状況となってしまいました。

そこで今回は、松坂大輔投手の引退時期と復帰の可能性について見ていこうと思います。

スポンサーリンク

松坂大輔の引退時期はいつになってしまう?

今回の失態を受けて、1軍はかなり大荒れになってしまったのだといいます。
中継ぎ登板では、4連続の四死球と3連打を浴びた上、1回で5点を失ってしまったということでした。
これだけのことが起こってしまうと、やっぱり同じチーム内からも苦言が出るもんなんですね……(´・ω・`)
あまりにも失点が続いてしまったので、防御率も大台に乗せてしまうほど上がってしまいました。

防御率の目安としては「先発ピッチャーなら3.0以下、セットアッパーなら2.0以下」くらいだと優秀な選手の部類に入るということでしたので、これはさすがに上がりすぎですね……
(平均なので今回だけの試合結果をみてはいけませんが)

ネット上のコメントや掲示板でも、なかなか厳しい意見が多く見受けられました。
「フォームもバラバラでコントロールもなっていない、いったい何しにきたの……?」といったものや、「高校野球じゃないんだから……」といったプロらしくないという意見まで出ているみたいでした。
なかなか怖いですね(´・ω・`)

その中でも一番多かったのが、今回の試合で引退が現実味を帯びてきたのではないか……?という意見。
Twitterの反応を見ていても、かなり多くのツイートが見受けられました。

こういったことを見ていると、引退が近くなっていることが分かりますね……
早くて今季中には引退してしまうのではないのかな……と感じました。

復帰や全盛期の頃の活躍は厳しい?

それでも、全盛期の頃の活躍をもう一度見てみたい……と思っている人もいるようです。
しかし去年の8月には右肩を手術して、厳しいリハビリを行った上での登板。
2006年の試合以降、実に3648日ぶりの一軍でのマウンドと考えると、全盛期のときのカンを取り戻すまでにはかなり時間がかかってしまうのではないかな~と思います。

あとは、斎藤投手と比べられているコメントやツイートもちょくちょくありました

まあ36歳という年齢から考えても、復帰は難しいんじゃないかな……と思います。

まとめ

松坂大輔の引退時期と復帰の可能性について見ていきました。
簡単にまとめると、

  • 引退は早くて今年
  • 復帰も難しい

という感じでした。

現地はどんな雰囲気だったんでしょうか(´・ω・`)

Pocket

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*