ノーベル賞の賞金はいくら貰える?お金の出所はどこからなのか

Pocket

2016年のノーベル医学・生理学賞の受賞者が発表されましたね!
「オートファジー」と呼ばれる仕組みを解明したという、東京工業大学栄誉教授の大隅良典さんです。
日本人のノーベル賞受賞者が近年連続で続いてきているので、かなり嬉しいニュースですね(゚∀゚)

ところで、ノーベル賞の賞金っていくらもらえるのか気になったことはありませんか?
調べてみると、面白い賞金のカラクリがあったことが判明しました。

そこで今回は、ノーベル賞の賞金について見ていきましょう。

スポンサーリンク

ノーベル賞の賞金はいくら?

結論から書くと、基本的にもらえる賞金は1000万スウェーデンクローナ
2016年10月の為替レートから日本円に換算すると、約1億2000万円ほどの賞金が出るのだといいます。
サラリーマンの生涯年収が2億くらい、というのは聞いたことがあるのですが……そう考えるとすごい(´・ω・`)

なぜ「基本的に」なのか?というと、資金繰りをしているのが政府ではなく財団だからです。
てっきり今まで「スウェーデンで行っている国際事業なのかな?」と思っていたのですが「ノーベル財団」というところが行っているんということでした。。。
なので、その年の財政状況などをモロに受けてしまう立場にいるのです。

ノーベル財団は、設立者であるアルフレッド・ノーベルの遺産をもとに、お金を増やしています。
具体的には不動産や株のやり取りなんかですね。
この運用で増えた分の利子などを元に、その年の受賞者に対する賞金を決めているということでした。

ちなみに、大隅良典さんがもらった賞金は800万スウェーデンクローナ(約9500万円)。
例年より少し低めとなっているようですが、それでも一億近くの賞金をもらえるのは素晴らしいですね(゚∀゚)

賞金に税金はかかる?

ちょっと余談ですが、「ノーベル賞の賞金に税金ってかかるのかな?」と思ったことはありませんか?
個人的に非常に気になったので、ちょっと調べてみました。

すると、ズバリ答えが書かれている物がありました。

【質問】
物凄く努力してノーベル賞の賞金をもらっても、税金を払わなくてはいけないのですか。

【回答】
ノーベル経済学賞以外のノーベル賞の賞金は、日本の所得税法上、課税されません。

引用元:経営マガジン

へぇ……かからないんですか!宝くじと一緒ですね(笑)
所得税で引かれてしまったら、「外国の基金から出ているお金なのになんで?」と思ってしまいますもんね(´・ω・`)

ちなみに、「ノーベル経済学賞以外」となっているのは基金の出どころが違うからなんです(詳しくは以下に書いてます)。
なので、経済学賞を国内の誰かが受賞したときには税金がかかってしまうかもしれません。

資金はどこから出ている?

そこで気になってくるのが、「そもそも資金とかの財源はどこからわいて出て来るの?」ということ。
ノーベル賞と言ったらかなり前からある賞……というイメージが強いので、さすがにノーベルさんの遺産も無くなっているんじゃ……と思いますよね(´・ω・`)

資金源については、ノーベルさんが残した遺言に沿って確保しているということでした。
原文を日本語に訳したものは、このようになっています。

残りの換金可能な私の全財産は、以下の方法で処理されなくてはならない。—-私の遺言執行者によって安全な有価証券に投資された資本で持って基金を設立し、その利子は、毎年、その前年に人類のために最大の貢献をした人たちに、賞の形で分配されるものとする。

引用元:ノーベルの遺言

まあ(ちょっと意味が違うことを前提に)簡単に言ってしまうと「絶対に潰れない会社にお金を預けて増やしましょう!」ということです。
よく日本でも、通帳にお金を預けていると利子がついて微々たるお金が入ってくることがありますよね。
それの規模を数百億レベルにまで大きくしたものと考えると分かりやすいかもしれません。

もちろん海外なので利子率も違いますし、お金を預ける相手は絶対に潰れない大手の会社や法人です。
安全に基金を増やして、学者に賞金として渡すのがノーベル財団の役割なんですね~(゚∀゚)
過去には資金の調達が危なくなったときもあったようなのですが、今ではなんとか現状維持できているみたいです。

しかし、ノーベル賞の賞金でも出どころが違う例外の賞があります。
それは、「ノーベル経済学賞」
ノーベル賞には物理学賞、化学賞、生理学・医学賞、文学賞、平和賞、経済学賞の6つの部門がありますが、経済学賞だけはノーベルの遺言には無く、あとから付け加えられた賞なんです。

なぜこのような後付けの賞が出てきたのか、詳しく書かれている物がありました。

ノーベル経済学賞の正式名称は「アルフレッド・ノーベル記念経済学スウェーデン銀行賞」といって、1968年にスウェーデン国立銀行が設立300周年祝賀の一環として、ノーベル財団に働きかけ、設立された賞なのです。

引用元:経営マガジン

スウェーデン銀行が設立300年記念ということで立てられた賞なんですね……
そのため、この賞だけはノーベル財団からではなくスウェーデンの中央銀行から基金として支払われます。

まとめ

ノーベル賞の賞金について見ていきました。
基本的にもらえる賞金は1000万スウェーデンクローナ(約1億2000万円)、資金は今でもノーベルさんが残した遺産をやりくりして出しているということが分かりました。

今でも経済学賞を受賞した日本人はいないということなので、この分野でも活躍してくれる人物が出てきてくることに期待しましょう!

Pocket

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*