ピコ太郎の正体は古坂大魔王?名前の由来や年齢・動画の収入を調査!

Pocket

10月14日放送のMステでは、(VTRコーナーですが)ピコ太郎が初のテレビ出演を果たすということで注目が集まっています。
ネット上ではすでにピコ太郎の正体が特定されつつあり、古坂大魔王がその1人だと言われています。
一体どのような人物なのでしょうか?
また、ピコ太郎という名前の由来や年齢・PPAPなどの動画再生回数による収入についても気になってくるところです。

今回は、そのあたりに注目していきましょう!

スポンサーリンク

古坂大魔王ってどんな人?

古坂大魔王はもともとお笑い芸人として活躍しており、2003年に音楽活動に専念するために一旦お笑い活動を休止した人ですね。
本名は古坂和仁(こさか かずひと)。最近では青森市の観光大使に任命されています(´・ω・`)
古坂大魔王自身はピコ太郎とは何の関係もない!と言っているようです( ̄ー ̄)

もし同じ人物なら、年齢は1973年7月17日生まれの43歳ということになりますね。
見た目より若いのかな?

ここ最近名前を聞かない期間が続いていた古坂大魔王ですが、今年の8月にアップされたピコ太郎の動画「ペンパイナッポーアッポーペン」が大ブレイクをしたことをきっかけにまた注目されることとなりました。

なんで1分ちょいの動画が4500万回以上も再生されているんだ……
しかも海外(´・ω・`)

ブレイクのきっかけはジャスティン・ビーバーのSNSによるつぶやきが原因とされていると言われています。

フォロワー数も桁違いに多いですし、流行に敏感な若者に音速で拡散されるのも分かりますよね(´・ω・`)

ピコ太郎の名前の由来は?

なぜピコ太郎という名前がついているのか。
個人的に思うのは、曲のイメージがピコピコしたものであるからなんじゃないかな~と思うんですよね。
安直ですけど。。。

何かで見た記憶があるのですが、名前の最初に半濁点(ぱぴぷぺぽ)がついていると印象に残りやすい、という物が人間にはあるのだそうです。
それを考えて付けたのかは分かりませんが、覚えやすい名前ではあります(´・ω・`)

今月に投稿された新作でも、同様の独特なリズムで曲が出来あがっています。
さすがはDJやっていることがある、といった印象です。

人気のほどはどのくらいなのかな~と思って調べてみたのですが、主要な情報メディアがこぞって紹介するほど伸びているようでした。
イギリスに至っては公共の放送局が取り上げるほどみたいですし……
今回のブレイクで一番驚いているのは、もしかするとピコ太郎本人なのかもしれません(´・ω・`)

YouTubeの動画収入は1700万円くらい!

爆発的な再生回数を叩き出したピコ太郎のPPAP。
その動画による収入も、気になってくるところです。

YouTubeの動画再生による収入には指標は現在は無く、1再生=0.1~0.3円と言われているみたいですが正確には分かってないということでした。
それでも推定の金額を求めるためには式が存在しているようで、以下の通りに当てはめればおおよその推定ができるのだといいます。

推定年収 = 直近30日の再生回数 × 0.1 × 12

最新のランキングを調査しますのでSocialBladeという無料ツールで直近30日間の再生回数を調べて式に当てはめてみました。
引用元:majestic-life.net

直近30日の再生回数はSocialBladeで確認できるので、そちらから確認していきます。

再生回数は2016年10月14日時点では58,724,700回
これを式に当てはめるのですが、後ろの「12」は月数を表しているものですね。
ピコ太郎の場合はチャンネルを開設してから3ヶ月ということなので、こちらに数値を変えて計算してみると

58,724,700×0.1×3 = 17,617,410円
ということが分かります。

このチャンネルの動画だけで1700万円ほどの収入を得ているということになりますね(´・ω・`)

ピコ太郎がPPAPを出してからしばらく経ってしまっているので正確ではないのですが、おおよその目安としてはこのくらいなのではないでしょうか?

まとめ

ピコ太郎の正体?古坂大魔王と名前の由来や年齢、動画の収入についてを見ていきました。
ちょっと多くなったので簡単にまとめると、

  • 古坂大魔王は芸人だがDJでもある
  • ピコ太郎の名前の由来はピコピコした曲を売りにしているから?
  • ピコ太郎の収入は1700万円

という感じですね。

特に収入については一分ほどの動画でこんなにあるのですから、びっくりしますね(´・ω・`)
世の中、何が当たるのか分からない時代になってきたなぁと思い始めてきました……

Pocket

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*