保育士の離職率が高い3つの理由!待遇や業界不足の原因を調査!

Pocket

近年、離職率が問題視されている保育士

都市部の方では待機児童の問題を解決しよう!ということで、最近では公園を保育所として活用しようとする動きがあるみたいですね。

それでも人数の業界不足が深刻化しているというのですから、難しいところです。

そこで今回は、なぜ保育士の離職率が高いと言われているのかという理由について見ていこうと思います。

スポンサーリンク

年収などの給料が少ない?

まず最初にあげられるのは、他の業種と比べて年収が低いということ。

どこの業種でもそうだとは思うんですけど、はたらきに見合った給料がもらえてないというのが現状です。

でも、調べてみるとそんなに年収に違いは無いことが分かりました。

仕事がら、保育士は普通のサラリーマンと同等かそれ以上の残業時間が多く取られている……というように言われています。

朝早くから出勤して施設の用意をしたり、子どもたちが帰ってからも事務的な処理をしたり……なんていうことは、ちょっと考えただけでも出てきますよね。

これで給料が良いのならまた話は変わってくるんでしょうけど、なかなか現実は追いついていません。

すべての民間で働くサラリーマンをひっくるめた統計を集めたサイトでは、2014年の結果は約400万円となっています。

nendai-date-30

引用元:nensyu-labo.com

男女の差なども去ることながら、「まあこのくらいが妥当なのかな……」と思いますね(´・ω・`)

特に女性にのみ注目すると、だいたい300万円くらいです。

保育士を目指している人は女性の方が多いと思うので、ここの平均も出してくれているのがありがたいですね( ̄ー ̄)

じゃあ保育士の年収はこれと比べると低いのか?と言われると、必ずしもそうとは限らないんですよね。

厚生労働省の統計調査では、35歳の保育士の平均年収は323万円となっていることが分かっています。

0f032061194b8d3f15ad8e206ea729ea-600x365

引用元:careergarden.jp

サラリーマンと年収ほとんど一緒じゃん……って思いますよね(´・ω・`)

給料の面でも不満が出ていることは確かに理由の一つに挙げられるのですが、これだけが原因というわけでもなさそうなんです。

働く人が少なすぎて人手不足

給料以外では何が原因なんだろう?と考えると、もう一つの大きな理由としては「人材不足」が挙げられそうです。

働く人の母数が少ないと、回ってくる仕事の量も必然的に増える……というのは、どこの企業でも言えることだと思います。

例外あったらすみません(´・ω・`)

僕もちょっと前まで店の商品を補充するバイトをしていた時期があったんですけど、店でいろいろあって途中でゴソッと人がやめてしまったこと(問題?)があったんですよね。

いきなり新しいバイトを雇うにしても他に当てなんてありません。

なので、「商品補充」という名目でバイトに入っていたのに「レジ打ち+店内呼び出し応答」なんかの業務内容が勝手に追加されたりしました。

仕事のぶん時給が上がってくれれば嬉しかったんですけど、全く同じ時給……
しかも最低賃金スレスレ(汗)

僕も近いうちにやめてしまいましたけどね。。。

離職率の高さはここが一番の原因なんじゃないかな……と思うんですよね。

仕事にあった分の給料がもらえてないか、給料に見合った仕事の量じゃない……

どちらにしても、仕事と対価が釣り合ってないというのは見過ごせない問題だと思ってしまうんですよね(´・ω・`)

公営ではないところで運営されている保育園に関しては、この問題が露骨に出ているのだといいます。

公営の保育園はそんなに離職率は高くないんですけど(´・ω・`)

待機児童の数が地区によって偏っている

ちょっと上とかぶる部分があるのですが、待機児童の数が都市部と地方で偏っているということもあると思います。

自分の住んでいるところは東北なんですけど、待機児童問題なんて聞いたことありません。

逆にいなくて困っているくらいですから(´・ω・`)

待機児童問題が出てきたというのは、テレビで言われているのを見て初めて知ったくらいです。

どうして都市部にずっといるんだろう……?って思ってしまいます。

たしかに東京などの関東では仕事も多いですし、家族の関係なんかもあるとは思いますが……

地方は仕事が少ないとは言われていますが、それでも全く働けない程では無いと思うんですよね。

地方都市だったら支店も多いですし、そんなに困るのかな……

それでも保育士には公務員として働く道もあるので、離職率なんかも少なくしていく方向が無いわけでもないんじゃないかな~って思うんですけどね……

このあたりの人数をもっと増やして待遇良くできないのかな、なんて思います。

まとめ

保育士の離職率が高い理由について見ていきました。

簡単にまとめると、

  • 年収には差があまり見られないが、給料に見合った仕事量ではないことが大きな原因なのでは?

という感じでしょうか。

業界不足が起こるのは「待遇」に問題があるからというのは間違いないと思うので、ここを改善していくしかないですね。。。

Pocket

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*