福島県沖地震(震度5弱)と南海トラフや首都直下型の関係は?予兆の噂が錯綜中

Pocket

今朝方に起きた地震により、Twitterを中心として「南海トラフ巨大地震」となにか関係があるのか……という噂が立っているようです。

Twitterを中心に情報収集している人は、「その情報が本当に正しいのか?」という意識を持ってください。

追記
今回の地震は東日本大震災の余震であるという発表がありました。

スポンサーリンク

福島県沖地震(震度5弱)と南海トラフの関係を噂しているTwitterの反応は?

朝早くということにもかかわらず、ネット上ではすでに11月23日に起きると予言されている「南海トラフ巨大地震」と関係があるのか……?という噂が立っていました。

福島で起きた地震との関係について、個人の意見が続々と上がっているようですね。

こういった噂がTwitterを中心に出てしまうのは、本当に危ないことです。

確かに最近は大きな地震が続いているようにも感じますが、国による公式な関連情報が出ていないため、本当に噂の範囲を超えないものとなっています。

しかし予想である以上、噂の範囲を超えないものとなっています。

(まずもって地理学者の見解が違うから結論が出ていない……なんてことも言われてますからね)

なので、今回の地震と南海トラフや都市直下型との関連性について考えるのは危険な考え方である……ということが率直な感想です。
(全く関係ないということも言えませんが)

まとめ

福島県沖地震(震度5弱)と南海トラフや首都直下型の関係について見ていきました。

関係はない、とはいい切れませんが大きく話がふくらんで危ない状況になりかねない……という危険性があることは確かです。

誤った情報は、しっかり自分で「これは違う!」と確認できるよう心がけていきましょう。

Pocket

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*