マルシアのブチギレ内容!番組で起きた事件をしくじり先生で暴露!

Pocket

しくじり先生に出演することとなった、歌手のマルシアさん。

最近見ないなーと思っていたんですけど、やっぱり仕事減らされていたんですね……

ついこの間は娘とともに番組に出演するなんて言う記事を書いたばっかりでしたから、ちょっと驚きです。

さて、番組内でもしゃべることとなりそうなマルシアさんのブチギレネタですが、「新春かくし芸大会ブチギレ事件」と「ロンドンハーツブチギレ事件」という2大事件について気になる人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、この2つの事件についての当時の反響や内容について見ていこうと思います。

スポンサーリンク

新春かくし芸大会ブチギレ事件

まず一つ目に起きたブチギレ事件は、フジテレビ系で放送されていた「新春かくし芸大会」での出来事。

堺雅人さんの芸がかなり面白かった記憶があるんですけど、ここがマルシアさんのブチギレネタの発端となった事件場ともなっているんです。

この番組の構成を簡単に説明すると、

  • 各芸能人が持ちネタのかくし芸を披露する
  • 審査員によって点数を決められ、最終的に最高点だった人がその年の優勝者となる

というもの。

まあよくある形式ですね。

とある年にこの番組に出演していたマルシアさんですが、その時の自分の持ちネタによほど自信があったのか「満点」をかなり期待していたみたいなんですよ。

しかし審査員からは大した点数をつけてもらえず、パッとしない結末に。

その結果、マルシアさんは結果に怒って収録現場から帰ってしまったというエピソードがあったのだといいます。

まだヤラセとかそんなことが言われていない時代だったこともあり、当時見ていた人からは驚きの声も上がっていたみたい。。。

年が明けてすぐに放送されていたこともあってなのか分かりませんが、かなり反感を買ってしまったみたいなんです。

感動して泣くのはいいのですが、何年か前、満点もらえなくて、怒って帰ったことがありましたよね。
あれはちょっと、観ていて気分悪かったです。

引用元:Yahoo!知恵袋

未だに何かにつけてこの話が出てくるところを見ると、どのくらい衝撃的だったのか分かりますよね(。ŏ﹏ŏ)

ちなみにこの番組、2009年を最後に放送が打ち切りになってしまったんですよ。

番組が終了した理由については様々意見が出ていますが、大きな理由の一つとされているのが低視聴率になってしまったこと。

同じことの繰り返しでマンネリ化が続いてしまい、視聴者に飽きられてしまった……というのが理由みたいですね。

一時期は紅白歌合戦と肩を並べるくらいの視聴率があったのにもかかわらず、年々下げてしまう実力しかないフジテレビもなかなかのもんです。。。

もしかすると知らない人もいるかもしれないので、書いておきます(´・ω・`)

ロンドンハーツブチギレ事件

時は過ぎて、ロンドンハーツでもブチギレ事件を起こして帰ったことがありました。

その時の内容というのがよく分かっていないのですが、おそらく2005年に放送されていたセクシーダンスでの出来事だったんじゃないかな……と思います。

ちょっと調べてみると、VTRかなにかで映像を見ていたマルシアが内容に不満を持ったらしく、収録中にもかかわらずその場を去ってしまったらしい。

映像を載せられればいいんですけど、著作権的にアレなのでYouTubeあたりで探し出して下さい。。。

この時はかなりヤラセ感がハンパなかったみたいですが、もしヤラセだったらしくじり先生には出てないよなぁ……

Yahoo知恵袋なんかを見ていると、当時の反響がよく分かるんですよ。

ヤラセじゃないですか?
本当に帰ってしまったら,もう仕事こないと思いますよ。
でも,嫌だったら出演断ればいいのにね^^;

引用元:Yahoo!知恵袋

そういえば旦那と離婚したからおかしくなったという説が出たのも、ちょうどこの頃ですね。

その後も何度か出演を果たしていますが、2013年に似たような企画で「熟マゲドン」というものが放送された時にも退場しているみたいなんです。

さすがに何度もあっては困るということで、これ以降はロンハーに呼ばれなくなってしまった……というエピソードでした。

まとめ

マルシアさんがしくじり先生に出演するということだったので、2大事件についての内容や反応などについて見ていきました。

こういった芸風で売っていくならそれはそれでいいんですけど、仕事がなくなっちゃったら元も子もないよなぁ……って思いますよ(´・ω・`)

しくじり先生ってある意味最終ステージみたいなところもあるので、これをきっかけに何か変わってくれれば良いんですけど……

Pocket

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*