アパホテルの南京書籍本の内容や感想は?購入方法や通販サイトをチェック!

Pocket

最近になって何かと話題を集めている、アパホテルの取り置き本問題。

客室に中国について書かれた書籍を置くことで、批判が続出しているらしいのですが……

今回、そんな批判を押しやって増刷するというニュースが入ってきました。

これはちょっと強気ですね(´・ω・`)

ここまで話題になってくると、いったいどんな内容なんだろう……ということが気になってきます。

そこで今回は、アパホテルの南京書籍本が買えるサイトなどをチェックしながら、本の内容はどんな感じなんだろう?ということを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

アパホテルに置いてある本の内容や感想は?

今回話題になっている本の正式名称は、「」という名前の書籍です。

この本の内容はどんな感じなんだろう……ということを一言で表すと、

「本当の日本の歴史 理論 近現代史学II」は旧日本軍による「南京事件」を否定する内容や、従軍慰安婦について強制連行はなかったといった記述がされている。

引用元:kakaku.com

と言うものになっているということでした。

この本の著作者はアパグループ代表の人が書いているみたいなんですけど、「中国で起きた一連の事件は『あり得ない』」というような主張を強く前に出しているみたいなんですよ。

あぁ……ネットで羽ばたく人たちが食いつくわけだ(´・ω・`)

感想なんかを見ていると、けっこう右寄りで激しい主張が書かれているなぁ……と感じている人がほとんどのようですね。

読んでいて面白い!と感じるのは、そっち方面の人だけってことなんでしょうか(´・ω・`)

まあこれって個人の感想を独自の切り口で書いているっていう気がしますから、そこまでの専門性はないのかなぁ……という印象です。

こういう書籍ってアパには前からありますよね?

何をいまさら……っていうふうにも思うんですけど、政府をあげての批判ともなれば話題になるのも仕方ないのかもしれません。

社長の顔が印刷されているミネラルウォーターが置いてある時点で、ちょっとこれは……って思いますけどね(´・ω・`)

アパホテルの南京書籍本が売っている店舗や通販サイトは?

この書籍が売られている場所についてですが、

  • アパホテルのフロント
  • 公式通販サイト

のみとなっています。

楽天とかだったら気軽に買えるんでしょうけど、公式を通じてしか販売されていないので流通量も少ないんですよね。

この記事を書いている1月27日現在は買うことができるようでしたが、いちいちこんな風に話題になっていたら読んでみたいと思う人が増えて無くなっちゃうんじゃないかな……って思います。

気になった人は公式サイトを訪れて見てみるといいかもしれませんね。

アパホテル 公式サイト

まとめ

アパホテルの南京書籍本の内容や感想はどんな感じになっているんだろう……ということで、Twitterを中心に見ていきました。

現地に行かないと読めないのにヤフーニュースに載るって、斬新ですよね(´・ω・`)

「紙媒体は廃れてきている」なんていう話題が吹き飛んでしまっている気がします。。。

Pocket

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*