浅草寺おみくじの順番の種類や確率は?営業時間や引く場所をチェック!

Pocket

東京に旅行に行ったら必ず行きたくなってしまうと言われている、浅草寺(せんそうじ)。

行く前までは「あさくさでら」という読み方だと勘違いしていたのですが、寺の名前って音読みをするのが慣例らしいですね。。。

予測変換に出てこなくて「ん?(´・ω・`)」ってなったのを覚えています。

僕も今年初めて浅草寺でおみくじを引いてきたのですが、帰路につく時に「大吉とか凶ってどのくらいの確率で入っていたんだろう……」と気になって仕方なかったんですよ。

そこで今回は、『初めて浅草寺でおみくじを引く人向け』に気になるであろうことを書いていこうと思います!

スポンサーリンク

浅草寺おみくじの順番と種類は?

浅草寺のおみくじの種類と順番についてですが、以下のようになっています。

  • 大吉→吉→半吉→小吉→末小吉→末吉→凶

ここの寺の場合、吉が大吉の次に良いものになっているんですね。

寺によっては「中吉の方が吉よりも良い」とか「凶の次に悪いもの」なんていうところになっている場所もあるので、このあたりは良心的なのかな……と思います(´・ω・`)

じゃあ内容はどんな感じなの?というのが、次の疑問になるはず。

僕が今年引いたのは「吉」だったので、ルール的に持ち帰っていいものだったので帰宅してからじっくり読んでみました。

(「凶」だったら結びつけて帰ってね!というのが浅草寺のルールなので、この種類だったら書けなかったと思う)

内容については長くなってしまったので、別記事で紹介しています。

⇒ 浅草寺おみくじの大吉や凶の内容がエグい!解説や効果をチェック

まあ簡単に言ってしまえば「内容についてはかなりバラツキがあるけど、とりあえず上に行けば行くほど良いことが書かれている」っていう感じですかね( ̄ー ̄)

浅草寺おみくじで大吉や凶が当たる確率は?

浅草寺に行く前に調べた情報で、「ここのおみくじって凶が当たる確率がほかと比べてかなり高い」というのがあったんですよ。

なので、くじ運が悪い僕が引いたら真っ先に凶なんだろうなぁ……と思ったのですが、普通に違うものが出てきてくれたので一安心(。ŏ﹏ŏ)

いったいどれがどのくらいの確率で入っているんだろうな~と調べたところ、100枚中で計算すると

  • 大吉・・・17本
  • 吉・・・35本
  • 半吉・・・5本
  • 小吉・・・4本
  • 末小吉・・・3本
  • 末吉・・・6本
  • 凶・・・30本

というように決められているらしい。

これ、公式の情報なのか怪しい部分があるので鵜呑みにはできませんけどね(´・ω・`)

単純に大吉の確率は17パーセント、凶の確率は30パーセント、ということになります。

3人で行ってそれぞれ1回ずつ引いたら誰かが凶……っていうことが十分あり得るくらい、頻繁に出てくるってことになりますよ。。。

浅草寺おみくじが引ける時間はいつからいつまで?

浅草寺でおみくじを引ける時間についても、気になる人がいるんじゃないかな~と思って書いておきます。

基本的におみくじを引ける時間は、本堂が開いている時間。

季節によって違うので、それぞれ分けて書いてみると

  • 春~夏(4月~9月)・・・6:00~17:00
  • 秋~冬(10月~3月)・・・6:30~17:00

というようになっています。

この時間帯ならいつでも引けるということになりますが、正直混雑している時には引きたくないですよね。

混雑状況なんかはGoogleマップなんかでも確認できるので、事前にそちらを参考にしてから行ったほうがいいかもしれません。

ちなみに、僕が日曜日の10時くらいにお参りした時には、そこまで並ばずにたどり着くことができました。

(本堂に行くまでの道のほうがよっぽど混んでいる)

浅草寺おみくじを引く場所は?

また、超初心者だった僕が一番気になったのが、「そもそもおみくじを引く場所ってどこだよ(´・ω・`)」っていうもの。

お参りしている外人さんすら当たり前に分かっているような雰囲気を出していますけど、初めて行く地方民としてはこういった情報も知りたいんですよね……

僕は銀座線の浅草駅から歩いていったので、そこからおみくじの場所に行く手順を書いてみます。

  • 浅草駅から歩いて「雷門」のちょうちんを通り抜ける
  • 浅草仲見世通りをまっすぐ突っ切ると「小舟町」のちょうちんが見えるので、そこをくぐり抜ける
  • すぐ両脇に「みくじ」が見えてくるので、そこがおみくじを引ける場所

となっています。

「小舟町」までの道のりが長い印象ですが、突き進んでいけば大丈夫です。

そのうち見えてきます。

方向音痴なので「本当にこっちでいいのかな……」なんて思いましたが、それでもたどり着けるくらいまっすぐ行けばいいだけなので簡単です。

書くほどでもないのが分かる気がする(´・ω・`)

まとめ

浅草寺でおみくじを初めて引く人が気になるであろうことについて、いろいろ書いていきました。

もう一度簡単におさらいすると、

  • 浅草寺おみくじの順番種類「大吉→吉→半吉→小吉→末小吉→末吉→凶」
  • 大吉や凶が当たる確率はそれぞれ17パーセント、30パーセント
  • おみくじが引ける時間は本堂が開いている時間と一緒
  • おみくじを引く場所は「小舟町」のちょうちんをくぐり抜ければ見えてくる

という感じですね。

とりあえず東京に来たら一度は引いていくことをオススメします。

かなり当たると評判らしいので(´・ω・`)

Pocket

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*