義母に母の日プレゼントはあげたくない!苦手な姑に贈り物をあげない方法

Pocket

母の日と言えばプレゼント。

実の母なら普段の苦労をねぎらってプレゼントをしたいと考えますが、その対象が義母となってくると話が違ってくる人もいるようなんです。

実際、今の時代では『義母との関係は悪い方』だと感じている人が増えてきているんですよ。

しかし、それとは裏腹に「誰に対しても母であれば送らなくてはいけない……」という考えを持っている人も多いのが事実。

そんな影響もあってか、主人(または妻)に「今年は贈り物したくないんだけど」と切り出すことができずに困っている人が多いんです。

それでも「お金をかけてまでプレゼントなんて絶対あげたくない!イヤなんや!」っていう人のために、今回は苦手な姑に贈り物をあげない方法について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

義母に母の日プレゼントはあげた方がいいの?

義母に母の日プレゼントをあげたくなくなったという人は、どうしてそう思うようになったのかを具体的に調べる必要があります。

あげたくない理由も無しにプレゼントを用意しなかったら、イザコザが起きてしまいますからね。

原因は人によってまちまちなんでしょうけど、たぶんこのあたりの理由が多いんじゃないかな?

  • お金がない
  • 普段顔も合わせてないのになんでせがまれなきゃいけないのか
  • あげてばっかりで何も貰ってない
  • こっちが一生懸命選んでいるのにケチばかりつけてくる
  • 親戚の間でイヤな噂でも立ったら困る

いくつか例を上げてみましたが、送りたくないと思っている人のだいたいは姑とそこまで関わり合いが無いことが原因となっている場合が多いんです。

まあ他にも向こうから「今年はいらないよ」とか言ってくる時もありますけど、それが(普通送るよね?)的な建前である場合もあったりするから怖い(´・ω・`)

神経を削らないといけないイベントになってしまっているのが、よく分かります。

「角を立てず、ごく普通の関係を維持しなくては」と考えるのは正しい判断ですが、それが裏目に出てメンドクサイと感じる人が多くなっているのがイマドキのお嫁さんらしいんですよね。

義母に母の日プレゼントをあげない方法

こうしたことを振り返ってみると、関係を壊さないよう角を立てずにやり過ごすにはプレゼントをあげるしか方法が無いことに気が付きます。

しかし、「それでもプレゼントはあげたくない(´・ω・`)」という『考えがブレない人』も中にはいるはずですよね。

これだけで終わってしまってはこの記事の意味が無くなってしまうので、母監修のもと実際にやってみて効果があった「プレゼントをあげない方法」の一つを紹介していきます。

義母も母もどっちも割と気が強い方なので、けっこうフィクション的な要素がでていますが……残念ながら実話です(´・ω・`)

参考にどうぞ。

思い切って母の日を忘れたふりをする

とある年の母の日。

家で毎年送っているのは花のプレゼントなんですけど、いっつも「この花の色はイヤ」とか「この種類の花じゃないの?」ということを言われるんです。

こんな状態が5年くらい続いていたので、「いっそのこと今年はスッポ抜かすか(。ŏ﹏ŏ)」という気持ちになったことからあげない方針を取りました。

まず最初にやってみたのが、母の日であることをウッカリ忘れてみたこと。

もしかすると向こうもボケて忘れている……ということもありえるので、試しにスルーしてみたんです。

その結果、次の日に電話のラッシュが(。ŏ﹏ŏ)

こういう行事って向こうがかなり年を召していても忘れないもんなんですよね……

「肝心なことは忘れるのに、どうでもいいことは覚えているんだから」ってボヤいているのを覚えています(´・ω・`)

お金がないアピールをする

次に試してみたのが、うちにはお金がないからムリ!ということを伝えようとしたこと。

電話越しにでもそういったことが伝えられれば、向こうもわかってくれるんじゃないか……という淡い期待にかけてみたんですけど。

向こうに言う前に、父に止められた(´・ω・`)

まあ……まずこんなこと直接言ってしまったら、なにかと角が立っちゃいそうですしね。。。

母は普段会っていないから良いんじゃないの?という気でいたらしいんですけど、それはちょっとやめてくれ、という感じだったらしい。

夫に言わせる

そこで考えを転換させた母がとった、義母に母の日プレゼントをあげないで済む、一番効果的な方法。

それは自分から言うのではなく『身内』から「もう家はムリ、送れない」と相談させることだったんです。

実の子から「今年は送れないから」と言ってもらえれば、向こうの義母も強く出ることはできませんよね。

向こうがプレゼントのお返しに家計を助けてくれたりしてくれるなら話は別ですが、うちの場合はそういった施しは皆無。

普通に考えて「じゃあちょっとは家計を手伝ってからせがんでよ!」ってなりますよね。

そこを突いていった母は、上の「お金がないから」という理由を父に言わせることに成功したんです。

以降、義母にプレゼントを送ることは無くなりました。

めでたしめでたし。

Twitterの反応は?

毎年母の日になると、いくつか不満が載せられたツイートが出てくるんですよね。

文句を言われる苦痛な行事である、と感じている人って多いんですね……

「プレゼントは義務」なんて思っている人もいるので、ちょっとビビります。

昔の人ってそういう考えの人、おおかったのかな?

愚痴りたいのって、どこでも一緒なんだなぁって思いますね(´・ω・`)

まとめ

義母に母の日プレゼントはあげたくない!という人のための改善案を見ていきました。

家庭によって事情は違うと思いますが、「夫に言わせる」というのがうちでは一番効果的な方法だったんです。

一番はそこそこのものをあげておくのが良いんでしょうけど、この際思い切ってプレゼントをあげる習慣を無くしてみたい!と思う人は試してみることをオススメします(´・ω・`)

Pocket

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*