小豆水ダイエットの作り方! 水筒で簡単に痩せる方法をチェック

Pocket

最近よく聞く、あずき水ダイエット。

北陽の伊藤さおりが実践して1週間で見事な減量に成功した、ということで話題沸騰になっていますよね!

僕的には小豆は正月ぐらいしか縁がないモノだと思っていたんですけど、まさかダイエットにテキメンな食材だったなんて……

調べてみると、美へのこだわりには一直線ということで有名な韓国で始まったダイエット方法なんだとか。

整形大国とまで言われているくらいですから、美意識高い人がメッチャいるってことなんでしょうね( ̄ー ̄)

ちょっと太り気味かも……と思った人に最適なダイエット方法だと直感したので、今回は小豆水ダイエットの方法を紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

小豆水ダイエットとは?

韓国で始まったという小豆水ダイエットですが、一言で表すなら「小豆をゆでた汁を飲む」というダイエット方法。

よくいろんな食材でダイエットスープなるものが開発されていますが、それに近いものですね。

煮汁はすぐに捨ててしまうイメージがあったんですけど、それを利用して痩せてしまおう!というのがこのダイエット方法なんです。

なんでも、韓流アイドルやモデルさんはだいたいこのダイエットを実践しているらしいんですよ。

ちなみに、Twitterでは「韓国ではかぼちゃのダイエットスープと同じように飲まれている」というものがあげられていますね。

個人的に「かぼちゃでもダイエットできるんだ……」って思ってしまいましたが(;・∀・)

小豆水がダイエットに効果的な理由は?

小豆のだし汁がダイエットに最適な理由は、豊富に含まれるポリフェノールがあります。

ポリフェノールといったら「抗酸化作用」が有名ですが、これには悪性の活性酸素を無毒にする効果が入っているんです。

活性酸素は本来、体を守るために必要な物質で、侵入してきた細菌やウイルスを撃退するために人間の体内に存在しているのです。しかし、ストレスや喫煙、紫外線などが要因となって活性酸素が悪性のものに変化してしまうことがあります。悪性の活性酸素は、体内のタンパク質、脂質、DNAなどを攻撃して破壊します。そしてこの活性酸素によるダメージは、老化や生活習慣病の原因になるといわれています。

引用元:skincare-univ.com

活性酸素を無毒化させるのに、なんでダイエットと関係があるんだ……?と思う人もいるかもしれませんが、その中の一つに「脂肪の吸収を防ぐ効果」が入っていることがあげられるんです。

ポリフェノールが入っているものを摂取することにより、肉をつきにくくする体を作る……と言い換えても良いかもしれませんね(´・ω・`)

ついでに食物繊維も多いので、便秘の解消にも役立ちます。

小豆水の作り方

それでは、あずき水ダイエットに使う「小豆水」の作り方を見ていきましょう。

といっても、やってみることとしてはごく少ない工程となっています。

今回はある程度作り置きしておく方法一回で飲みきる量を作る方法の2つを紹介してみますね( ̄ー ̄)

鍋で煮込んで小豆水を作る方法

用意するものは以下の通り。

【材料(2日分)】

  • 小豆:100g
  • 水:1500L

【手順】

  1. 前日に小豆と12~13倍くらいの水を一緒に鍋に入れて、一晩寝かせる
  2. 次の日にそのまま鍋を強火にかけて、沸騰する直前に中~弱火にして煮詰める(30分ほど)
  3. ザルなどで小豆をこす

沸騰して水が吹きこぼれないように注意さえすれば、簡単に作ることができますね( ̄ー ̄)

いっぺんに多くの小豆水を作ることができるので、作り置きしたい人にオススメです。

水筒で簡単に作る方法

個人的にオススメなのは、こっちの方法。

大量に作っても仕方ない……という人は、水筒で簡単に小豆水を作成することもできます。

ごく普通の保温水筒を一つ用意すれば大丈夫です。

【材料(1日分)】

  • 小豆:50g
  • 熱湯:500ml

【手順】

  1. 魔法瓶(水筒)に洗った小豆を入れる
  2. 沸騰したお湯を入れる
  3. フタをしめて一晩(8時間以上)寝かせる

鍋で煮詰めるより時間がかかってしまいますが、就寝前に下ごしらえをすれば翌日すぐに持っていけますよね!

寝てる間にできちゃうんですから、こっちの方が簡単なんです( ̄ー ̄)

小豆水を飲むタイミングや時間は?

小豆水を飲むタイミングですが、テレビ情報によると食前の30分までの間

朝・昼・晩の3食の前に飲むのが理想的だと言われています。

まあ基本的にはいつでも良いのですが、脂肪を吸収させないようにすると考えれば食前のほうが効果がありますよね。

飽きた時はちょっと小豆を食べても良いですね(。ŏ﹏ŏ)

ただ、ここで注意しなくてはいけない点が一つ。

小豆水を必要以上に飲んでしまうと、下痢を引き起こす可能性があります。

適量は魔法瓶ぶんでもある一日500ml

これさえ守れば、簡単に続けることができます( ̄ー ̄)

小豆水の保存期間は?

小豆水の保存期間は冷蔵保存で2~3日

普通に常温では保存が利かないので、間違ってそのまま台所に置いておく……なんてことは無いようにしましょう。

小豆水はすぐに傷んでしまうので、その日に飲まない分は冷蔵保存が必須です。

特に、鍋で大量に作ってしまった時は要注意。

2~3日以内に飲むのが理想なので、それを過ぎた小豆水は捨ててしまったほうが無難です。

非常にもったいないんですけどね(。ŏ﹏ŏ)

Twitterで評判や効果をチェック!

これだけ書いておいて「全く効果がなかった……」となっても悲しくなるだけなので、客観的な意見が見れるTwitterをのぞいてみましょう。

記事を書いている時はちょうどテレビで紹介されていた時だったので、試してみよう!と思った人が続出していました。

一週間で効果が出るって言ってますからね……

お試しで気軽にできるっていうのも、ポイントが高い( ̄ー ̄)

そんなに初期投資もかかりませんし、小豆がスーパーから無くなってしまうのが目に見える。。。

まとめ

小豆水ダイエットのために使う「小豆水」の作り方について見ていきました。

こんなダイエット方法があるんだな~と、正直感心してしまいましたね(。ŏ﹏ŏ)

身近な物でそこまでお金をかけずにダイエットできるんであれば、コスパ最強なんじゃないのか?って思います。

とりあえず一週間、試してみてはいかがでしょうか?

Pocket

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. さなだ まひろ より:

    活性酵素を無毒化させるのに、なんでダイエットと関係があるん

    の部分

    酵素ではなく
    活性酸素?かな

    1. hadamo より:

      コメントありがとうございます!

      修正しておきますm(_ _)m

コメントを残す

*