青ワインGikの購入方法!価格や原料・日本での販売時期はいつから?

Pocket

ワインと言えば赤い色。

しかし本場スペインでは、青色のワイン「Gik(ギック)」というものが開発されています。

日本にも輸入が決まったという青ワインですが、いったいどんな味なのか気になるところですよね。

発売されたら真っ先に飲んでみたい気がする(´・ω・`)

そこで今回は、青ワインの購入方法についてまとめてみました!

スポンサーリンク

青ワインGikの日本での販売や価格は?

青ワイン「Gik」が日本で販売される時期ですが、

  • 5月9日・・・webショップ宴屋 楽天市場店
  • 5月23日・・・全国のデパートなど

と発表されています。

日にちまで具体的に出ているのはありがたいですね( ̄ー ̄)

どれ、ちょっと「宴屋」のページに行ってみっかな~と思って調べてみると。

3月6日時点ではショップページが無かったんですよ。

なんでだろう(´・ω・`)

「宴屋」楽天市場店では先行販売という形で開始されるので、その準備をしているのかもしれませんが……

一刻もはやく飲んでみたい!という人は、こまめにチェックしておきましょう。

価格は2,300円(税別)

ニュースサイトで発表されている想定価格なので、前後する可能性があります。

青ワインGikをスペインから購入する方法

たぶんいるかもしれないと思ったので公式サイトから直接輸入することができるか調べてみましたが……

なぜかストアページでエラーが起こる(´・ω・`)

もしかして国で輸入とか規制しているのか……?と思って設定を見直してみましたが、変わらず。

もし有益な情報があれば、ご提供お願いしますm(_ _)m

青ワインGikの原材料はなに?

原材料には何が使われているんだろうな~と思い、記事を漁ってみました。

普通に日本の記事でも書かれているものがありますね。

特徴は天然由来の着色料をベースに色づけた深いインディゴブルーの液色。ブドウはスペイン産とフランス産の計4品種(アルバリーニョ、グルナッシュ、シラー、マカベオ)が使用されている。

引用元:excite.co.jp

正直よくわからん(。ŏ﹏ŏ)

天然由来の着色料ってなんなんだ?っていうことも気になりますが、とりあえずここに書いてある品種について見ていきますか。

アルバリーニョ

最も品種としての価値が高い白ワインに使われていることが多い、アルバリーニョ。

酸味が強いため、魚介系の食事と相性がいいとされています。

主な栽培地は

  • スペインのガリシア地方
  • ポルトガルのミーニョ地方

の2つのみ。

ごく狭い面積で栽培されている品種なので、ワインとして使われる流通量が少ないんですよね。

そのため普通のものと比べると、値段が高いものが多いんです。

こういうワイン、一回飲んでみたい気もしますけどね(。ŏ﹏ŏ)

グルナッシュ

赤ワインの脇役、グルナッシュ。

「世界で最も多く栽培されている品種」なので、日本で飲まれるワインに入っていることが多いみたいですね。

あんまりワインは知らなくても、写真を見れば「知っているかも……」ってなるのがいいところ(´・ω・`)

ただ、これ単体でワインが作られているものってほとんどないんですよ。

他の品種とブレンドさせることで味が引き立つので、そういった意味で『脇役』って名前が付けられているんでしょうね( ̄ー ̄)

ちなみにこちらもアルバリーニョ同様、酸味が強くて魚介類の食事にピッタリです。

シラー

抗酸化作用を持つアントシアニンを多く含むことから、近年の健康志向も高いシラー。

オーストラリアを中心に生産されています。

上記のものと違って渋さと果実の濃さが特徴なので、お肉の食事と合うんだとか。

味が濃い系が好きな人にはもってこいの品種なのかも(´・ω・`)

ブレンドとしても単一としてもワインに使用されるので、わりと扱いやすい品種となっています。

マカベオ

スペインで2番目に多く作られている、マカベオ。

白ワインの材料として使われています。

安くてうまいと評判のカヴァ(CAVA)ワインに入っている印象なんですけど、普通に高価なものにも使われているんですね(;・∀・)

これといった特徴がないのが特徴、と言われている品種です。。。

それでも生産数が多いのは、どんな種類のワインにも適用できる汎用性があるからなのかなぁ(。ŏ﹏ŏ)

青ワイン、普通においしそう!

青ワインGikの購入方法や原料を中心に見ていきました。

Twitterを見ている限りだと「かなりおいしそう」って思ったんですけど、実際に飲んでみないと分かりませんよね。

販売日に買ってみようかな(。ŏ﹏ŏ)

Pocket

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. misa より:

    天然由来の着色料 話題の
    バタフライピーでは?
    バタフライピーを煮出すと深い青みが出ます。
    もし、バタフライピーを使っているならば、レモン汁やクエン酸などと混ざると赤みが現れるので、量によって紫、ピンクなどに色が変化します。
    他にも青色を出す天然由来の色素ありますよー。クチナシ青色素とかスピルリナとか。。。

    1. hadamo より:

      コメント&情報提供ありがとうございます!
      バタフライピー調べてみましたが、めちゃくちゃキレイな青色を出すんですね(。ŏ﹏ŏ)

コメントを残す

*