横浜開港祭2017の花火を観覧!時間や穴場・駐車場やトイレまとめ

Pocket

花火大会と言えば7月に行われるイメージが強いですが、6月から始めているところもあるんですよね。

その中でも有名なのは、毎年6月上旬に開催される横浜開港祭。

花火だけではなく様々なイベントで盛り上がる「港の祭り」なので、毎年多くの人が出入りしているんです。

いったいどんなお祭りなのか、気になっている人もいるかもしれません。

そこで今回は、2017年の横浜開港祭の花火についての情報をまとめていきました!

スポンサーリンク

横浜開港祭とは?

横浜開港祭とは名前の通り、横浜港の開港を祝って開催されるお祭りです。

毎年6月2日を横浜の開港記念日として設定し、港にまつわる様々なイベントで盛り上がるものとなっています。

このお祭りが始まったのは、1859年から。

横浜港の開港を祝ったことが無いということで有志が集い、翌年に開催されたのが始まりなんだそうです。

始まり方としては至って普通ですね(´・ω・`)

昭和の時代には「国際デープレ横浜どんたく」とか「横浜どんたく」って名前で行われていましたが、1995年に「横浜開港祭」と改名されて今に至っています。

どんたくってなんぞや?と思い検索してみると、オランダ語で「日曜日」「休日」っていう意味なんだとか。

そういうこともあってか、お祭りが平日と重なった時には市立の小中高の学校が休校になるらしい。

僕の住んでいる地方ではそんなこと無いので、うらやましい限りです(。ŏ﹏ŏ)

横浜開港祭花火の日程・打上げ時刻や場所

横浜開港祭の開催日程は、2017年6月2日(金)と6月3日(土)

場所は臨港パークみなとみらい周辺で行われます。

花火が打ち上がるのは最終日なので、それが目当てなら6月3日の19:20~19:50の間に現地にいるようにすればOKです。

ちなみに、こちらの花火は例年雨天決行となっています。

台風とか来ない限りは予告通り行うので、雨具を忘れずに持っていくようにしましょう。

横浜開港祭花火会場へのアクセス方法

会場へのアクセス方法についてですが、基本的に公共交通機関で行くことをオススメします。

車で来ても駐車場がほとんどありませんし、人の出入りがハンパないですからね(´・ω・`)

会場へ行く電車の種類は、以下の2通り。

  1. JR横浜駅から横浜高速鉄道「みなとみらい線」に乗り、みなとみらい駅で下車、徒歩5分
  2. 同じく横浜駅からJR根岸線・桜木町駅で下車、徒歩20分

どちらでも徒歩圏内で行くことが可能ですが、みなとみらい駅の方が近いですね。

しかし、当日はイベントを中心にメチャクチャ混雑することが予想されます。

横浜駅から直接歩いて行く方法もあるので、こちらも参考にしておきましょう。

花火が見える穴場スポットやオススメの場所取り!

花火を見たい人向けに、穴場スポットもいくつか紹介します!

  1. カップヌードルミュージアム

  2. 住所:神奈川県横浜市中区新港2丁目3-4

    橋を挟んで向かい側にある、カップヌードルミュージアムの芝生。

    当日の昼ごろから場所取りが始まるものの、ソレを制せば絶好の閲覧スポットとなります。

  3. 山下公園

  4. 住所:神奈川県横浜市中区山下町279

    開催場所から30分くらい歩いた場所にありますが、海に面した公園でコレほどいい場所は無いんじゃないか?という場所です。

    イベントや屋台巡りをあまりせず、ゆっくり過ごしたい人向けかもしれません。

  5. ぷかりさん橋

  6. 住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい1丁目1-1

    花火の打ち上げが近くなると、テントが撤去されて場所が空くのがこちらの橋。

    タイミングさえ合えば、場所取りせずに花火を見れる場所となっているのでオススメです。

  7. 野毛山公園

  8. 住所:神奈川県横浜市西区老松町

    会場からかなり遠くにあるイメージですが、高台から横浜の市街地を見渡せるほどの場所となっているのでオススメ。

    口コミでもたまに見かけますね(´・ω・`)

    トイレも近くにあるので、困ったときに助かります。

  9. 横浜赤レンガ倉庫

  10. 住所:神奈川県横浜市中区新港1丁目1

    大きな広場が特徴的な、赤レンガ倉庫。

    こちらもちょっと歩きますが、海側を一望できる場所となっているのでオススメです。

    雑貨やスイーツ、レストランとか博物館なんかがいろいろ入っているので、外で出歩くのに飽きた時は寄ってみるのも良いかも。

有料観覧席は?

穴場スポットで楽しむのもいいけど、確実に場所を取って見たい!という人は有料観覧席も候補にしてみましょう。

たまに価格が違う年がありますが、基本的には以下の通り。

  • 会場近くの芝生席:5000円
  • ステージ正面の椅子席(ペア):40000円

また、横浜港から花火見物のためのクルーズ船が発船する時もあります。

年によってプランは若干違ってくるのですが、ディナー付きのチケットがあったりと豪華なものが多いみたいですね( ̄ー ̄)

トイレはどこ?

臨港パークにもトイレはありますが、メチャクチャ混雑することが予想されます。

心配な人は、近隣の建物をチェックしておいたほうが良いですね(。ŏ﹏ŏ)

上に書いた穴場スポットであればトイレはすぐに行けるのですが、クイーンズパーク横浜ワールドポーターズあたりにも建物が多く存在しています。

こちらも候補に入れておくようにしましょう。

横浜開港祭の交通規制・駐車場情報

横浜開港祭の交通規制情報ですが、意外にも会場周辺で交通規制は行われていないんです。

電車でくる人が圧倒的に多いので、やってないんでしょうけど……

しかし、周辺の道路はイベント中を含め、かなり混み合います。

もし車を使う人がいれば、イベント終了時間よりも早く会場を抜け出すか、公共交通機関を使うようにしましょう。

交通規制がされてないということで、専用の駐車場も設けられていません。

近隣のコインパーキングを使うようにするしかないので、注意しましょう。

※地図情報はこちらのサイトからお借りしました

B:臨海パーク駐車場

  • 住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1
  • 台数:100台
  • 料金:平日最大料金1,100円、土日祝30分250円
  • 営業時間:08:00~21:00

C:みなとみらい公共駐車場

  • 住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1
  • 台数:1,176台
  • 料金:平日最大料金(7:00~24:00)1,350円、土日祝最大料金(7:00~24:00)1,850円
  • 営業時間:7:00~24:00 (夜間出庫は24時間OK)

D:ナビパークみなとみらい21第2

  • 住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい5丁目3-3
  • 台数:11台
  • 料金 平日最大料金 1,200円、全曜日30分250円
  • 営業時間:24時間

E:ナビパークみなとみらい21第1

  • 住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい5丁目3-3
  • 台数:11台
  • 料金:平日最大料金 1,200円、全曜日30分250円
  • 営業時間:24時間
  •   

F:トラストパークみなとみらいビジネススクエア駐車場

  • 住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい3丁目6
  • 台数:31台
  • 料金:平日最大料金 1,200円、土日祝最大料金 1,500円
  • 営業時間:平日8:00~23:00 土日祝9:00~22:00

G:トラストパークみなとみらいセンタービル駐車場

  • 住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい3丁目6
  • 台数:31台
  • 料金:平日最大料金 1,200円。土日祝最大料金 1,500円
  • 営業時間:平日8:00~23:00 土日祝9:00~22:00

H:クイーンズパーキング

  • 住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-5
  • 台数:1,700台
  • 料金:平日最大料金(7:00~24:00) 1,550円、土日祝(7:00~24:00) 30分270円
  • 営業時間:7:00~24:00

万葉倶楽部駐車場

  • 住所:神奈川県横浜市中区新港2丁目7-1
  • 台数:226台
  • 料金:30分/500円
  • 営業時間:00:00-24:00

まとめ

横浜開港祭の花火についての情報をまとめていきました。

この祭りの良いところは、花火に限らず色んなイベントをやっているところでしょうね( ̄ー ̄)

学校が休みになるくらいなんですから、どれだけイベントに力を入れているのかが分かりますよ。。。

最後に2016年の花火はどんな感じで上がっていたのか?という動画を紹介しますので、気になった方はチェックしてみてください!

Pocket

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*