清塚信也(きよづかしんや)は発達障害?逃げ恥に出演した理由はなぜ?

Pocket

マツコの知らない世界に出演する、ピアニストの清塚信也(きよづかしんや)さん。

第一印象がイケメンだったので、これから話題になってくるんじゃないかな~と個人的に思っているんですよ(´・ω・`)

ピアニストってだけで、十分カッコイイのに。

でも、ネット上では「発達障害」なんていうことがささやかれているみたいなんです。

なんでそんなこと言われてんだろう?って思ったので、今回は清塚信也(きよづかしんや)さんについて見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

清塚信也(きよづかしんや)は発達障害?

清塚さんが発達障害と言われている根拠は、自分が調べた限りだと全く出てきませんでした。

そりゃそうですよ(´・ω・`)

出どころが分からない噂ほど、信ぴょう性に欠けるものなんてありませんから。。。

個人的に発達障害というとADHDが真っ先に思いつくんですけど、これの別名は「天才病」なんて言われているんですよね。

ネットに書かれていることを、誰かがそのまま清塚さんに適用しちゃったからこんなこと言われているのかな……って思いました。

一方で、ADHDは別名「天才病」とも言われ、特定の分野で際立った才能を発揮する人も少なくない。スティーブ・ジョブズ、ビル・ゲイツをはじめ、有名なIT起業家の大半はADHDなどの発達障害であるとの見方もある。

引用元:livedoor.com

ぱっと見た感じ、そんな風には見えませんけどね(。ŏ﹏ŏ)

清塚信也(きよづかしんや)が逃げ恥に出演できたのはなぜ?

ピアニストとしての顔が強い清塚さんですが、実は「逃げるは恥だが役に立つ」にも出演していたんですよね。

10話のワンシーンだけという短い間でしたが、沼田さんの担当医役を演じていました。

チラッとしか映ってなかったので、見逃した人も多いのだとか。

髪型も普段と全然違いますし、エキストラだと思っちゃいますよね(。ŏ﹏ŏ)

どうして清塚さんが「逃げ恥」で医者役を演じたのかというと、過去に曲を担当したドラマ「コウノドリ」つながりの説が出ているらしい。

ピアノ監修とかをやっているうちに、自分自身もドラマに出演してみたい!って思うようになったんですかね(´・ω・`)

最近多いですからね、ミュージシャンの役者デビュー。

作曲での自己表現の幅を広げるために出ているのかな~なんて思っているんですけど、清塚さんも同じように思っているのかもしれません。

ピアノの実力は?

役者として活躍するのも良いんですけど、肝心のピアノの実力はどう評価されているのか気になりますよね。

まず、ピアノの動画を見てみますか。

スゴイうまい(´・ω・`)

自分はプロの耳を持っているわけではないので、こんな感想しか出てこないんですけど……

実際にコンサートで聞いたことがある人でも、同じ感想を思っている人が多いみたいでした。

んだよなぁ……

そうじゃなかったら、個人でCD10枚近く出したりしませんし(。ŏ﹏ŏ)

一方で、ピアノを経験している人からするとあんまり上手くないかも……という意見も。

清塚さんのコンサート。
私も、聞きに行った事があります。正直、申し上げて、酷い・・・。と思いました。
良いところもありましたが、音の出し方、曲の表現力、ミスタッチ、音が雑なところが、気になり、聞いてて、イライラして、腹が立ちました。
コンサートを聞きに行って、イライラしたのは、初めてでした。
聞くに耐えきれず、コンサートの途中で、帰りました。
もう二度と、清塚さんのコンサートがあっても聞きに行きたくはありません。

引用元:Yahoo!知恵袋

ホントかいな、って思うくらい辛辣な書き方ですね(´・ω・`)

まあ本番とCDじゃ違いますからね、そのあたりはしょうがないのかも。

見た目とトークが面白いけど、演奏技術はそうでもない……

ということは、話題性をウリにしているピアニストなんじゃないか?と思っているみたいでした。

まとめ

清塚さんって「のだめカンタービレ」のピアノ吹き替えもやっていたんですね……

ここが世間一般に知られる原点になったらしく、コアなファンが付いたきっかけになったんだとか。

動画が上がっていたので見てみたんですけど、やっぱりうまいです(小並感)

Pocket

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*