浴衣は左右のどっちが前?男性の帯の締め方や着方の紹介まとめ!

Pocket

花火の時期が近づいてくると増えてくるのが、浴衣の着用についての疑問。

普段ではあまり慣れないものを着るので「浴衣に左右があるってホント?」といったところからスタートする人も多いんだとか。

まあ「あるあるネタ」ですよね(´・ω・`)

そこで今回は、浴衣を着付ける上で気になる点にについてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

浴衣は左右のどっちが上に来るのが正しい?

詳しい着方などは下の画像で説明しているのですが、左右の規定だけ最初に書いちゃいます。

浴衣はが前に来るように着付けます。

つまり「右側=(自分から見て)左のえりが前の方にくる」ということですね。

これは浴衣に限らず、着物系全般に共通する着方となっています。

よく「どっちが上に来るの?」と質問する人がいるみたいなんですけど、正式には着物の場合は「上」ではなく「左・右」といった表現の方法を用いるらしい。

どっちで言っても通じるから、個人的にはどうでもいいんですが(´・ω・`)

毎日着るような人なら知ってて当たり前なんて言われていますが、そこまで深く気にすることは無いと思いますね。

ここで注意しておきたいのが、「左前」にしてしまわないようにすること。

逆に羽織ってしまうと喪服スタイルとなり、演技の悪さを前面に出すことになってしまいます。

個人的には、

  • 右腕のほうに利き手が多いから、そっちが優勢=(えりは)上側

というようにして覚えました。

今にして考えると「なんだこの方法」ってなりますが……

男女で左右の違いはあるの?

西洋の方だと男性は右前・女性は左前と区別されていますが、日本においては男女とも「右前」に着ると規定されています。

海外で言われている男女間の左右の違いについての話は有名ですよね。

お偉いさんの上流階級女性が付き人の女性にボタンを付けてもらうため、行いやすい左側になったというものです。

一部の慣行がそのまま現代に引き継がれ、なんとなく区別が出来上がってしまったと……

普通に統制してくれたほうが分かりやすかったんじゃないのかなぁ(´・ω・`)

そんなこともあってなのか分かりませんが、日本では洋服が輸入される際にゴッチャにならないよう統一したとかっていう話も。

いずれにせよ、日本では男女とも「右前」に着ると覚えておけば大丈夫です。

浴衣の着用方法は?

まずは浴衣の着用方法から。

と言っても、これは文章で見るよりは画像や動画を真似たほうが早いですよね。

今回は自分のペースで見れる画像をチョイスして持ってきました。

(引用元:yukata-kitsuke.com

  1. 浴衣を羽織って整える
  2. えりの端を持って両手を広げ、右手で背中にある縫い目が真ん中に来るよう持ってくる
  3. 背中の中心をずらさないように押さえながら、左手でもう片方のえりを重ねる
  4. ピシッとさせて完成

女性と違って「羽織るだけ」くらいの感覚で終わっちゃうので、そこまで気をはらなくても大丈夫そうですね(。ŏ﹏ŏ)

浴衣の帯の締め方

次は帯の締め方。

簡単そうに見えて、慣れないうちは難しいんですよね(´・ω・`)

こちらも参考になる動画があったので、紹介します。

クリップを留めて行う方法、良さそうですね……

  1. 先30cmを二つ折りにし、クリップを付け帯を巻く
  2. 巻いた帯とヘソ側の帯をギュッと締め、巻いてきた帯にクリップを付け替える
  3. 帯を内側に巻き込み、結ぶ
  4. 背中側に回して完成

一応手順も書いてみましたが、動画を見ながら行ったほうが良さそうです(´・ω・`)

まとめ

浴衣は左右のどっちが前なのか?ということを中心に見ていきました。

いろいろ書いてしまいましたが、男女とも右前とだけ覚えておけば大丈夫ですね。

最近、あんまり夏祭りとかで浴衣を着る機会が無くなっているので、久しぶりに着てみたいな~と思います(´・ω・`)

Pocket

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*