茂木健一郎の脱税が悪質?なぜ現在まで逮捕されないのか調査

Pocket

5月14日のしくじり先生に出演する、茂木健一郎。

ネット上では、いろんなウワサが絶えない人物って言っても良いかもしれません。

Twitterとかでも炎上騒動とか起こしていますから……

これまでも芸能批判や創価学会のウワサが漂っている茂木健一郎ですが、その中でも飛び抜けているのが「脱税」に関する内容なんです。

一体どんな感じの額を抜けていたのか、気になった人も多いですよね。

そこで今回は、茂木健一郎の脱税に関するアレコレを調査してみました。

スポンサーリンク

茂木健一郎に「脱税王」の異名?

どうして茂木健一郎が脱税をしていたと知れたのか。

この記事に辿りついた人なら分かるかもしれませんが、Yahooのサジェストがスゴイんですよ。

パッと見ただけでも、脱税に関する10個くらいの検索候補が出てくるくらいなんですから。

脱税だけならまだしも、「脱税王」って付くものまでありますね(;・∀・)

いったい誰が付けたんだろうなぁ。

茂木健一郎は本当に脱税をしたの?

茂木健一郎は脱税をしていたのか?という事実についてですが、結論から書いてしまうと「脱税」ではなく「申告漏れ」です。

「コレは脱税!」と断言しているところとかいろいろありますけどね。

故意か過失か分からない以上、個人的にはこっちの方がしっくり来ると思ったので「申告漏れ」ということで進めていきます。

申告漏れが発覚した期間は、2006~2008年の3年間。

この期間に手にした所得の確定申告を行ってなかったことが、ネットニュースを中心に明るみに出た時がありました。

ベストセラー本の印税やテレビ出演料、講演料などで、2006~08年までに計約4億円分の確定申告をしていなかったというのだ。報道によると、無申告加算税を含む追徴税額は、約1億6000万円に上るという。

引用元:j-cast.com

本人曰く、「税理士を付けずに全て1人で確定申告作業を行っていたから」らしいんですけど、ここまで大きな金額なら税理士いたほうが楽なんじゃ?って思う(´・ω・`)

どうして3年間も税金から逃れることができたんだろう……?

納めなかった脱税額はニュースによって報道がマチマチなので一概には言えませんが、一番大きい金額で4億とまで書かれているものを発見しました。

こんだけデカかったら、税務署は『いの一番』に駆けつけそうなもんだけど。

こういうニュースが出てきたことによって、茂木健一郎のアンチがTwitterや2ちゃんを中心に活発化。

現在に至るまで「オワコンだ!」「悪質だ!」なんて言い続けている……という流れになっています。

ちなみに、当時の騒動を受けて今では税理士を付けているみたいだったので調べてみましたが、名前は出てこず(´・ω・`)

会社とか事務所専属とかだったらワンチャンあるかな?って思ったんですけど。残念。

茂木健一郎は脱税したのに、なぜ逮捕されない?

茂木健一郎は脱税まがいの行動をとったのに、なんで逮捕されないんだろう?って気になる人も多いかもしれません。

その理由としては、騒動が起きた後に納税を行ったから。

ニュースとかでも特に取り上げられていないので、個人的な推測になってしまいますが(´・ω・`)

税金の納付の延滞が続いていた当時は、税務署からも勧告を受けていたと報道されていた茂木健一郎。

良く言えば「仕事が忙しかったのは本当で、ようやく確定申告ができるようになった」、悪くても「ここまで来たらやるっきゃない」ってなったのかは分かりません。

どちらにせよ、納税したから堂々としているっていうふうに思うんですよ。

今じゃこうやって、しくじり先生にも出演できるくらいですし。

未だに納めてないなんてやってたら、不可能だって思いません?

まとめ

茂木健一郎の脱税について、つらつら書いていきました。

脱税をしていたっていうよりは申告漏れだったっていう方が、個人的にはしっくり来るんですけどね。

こう言い切っちゃったほうが伝えやすいと感じた人のほうが多かったのかもしれません。

それでもテレビに出る回数は激減してしまいましたが……

Pocket

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*