スポーツ

楽天・ゴームズの退団理由は?今年の年俸は支払われるのか見てみる

楽天のジョニー・ゴームズ選手が、退団を発表したというニュースがありました。

楽天は6日、ジョニー・ゴームズ外野手(35)の退団を発表した。本人からの申し入れを受け了承、ウエーバー公示手続きを取った。
引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160506-00000134-spnannex-base

どうして退団してしまったのか、その理由について見てみたいと思います。

続きを読む

レスターの優勝はどれだけすごいのか?他の確率で比較してみた

先日のサッカープレミアリーグで、レスター・シティが優勝を果たしましたね!素晴らしいです!!

プレミアリーグは2日、第36節の1試合を行い、スタンフォード・ブリッジではチェルシーとトッテナムによるロンドンダービーが行われ、2-2の引き分けに終わった。これにより、FW岡崎慎司が所属するレスター・シティの優勝が決定した。
引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160503-01626935-gekisaka-socc

よく話題にのぼっているのですが、どれほどすごいことなのか見当がつかない人もいるのではないでしょうか?
(自分もそうなんですが)

そこで、「どれだけの偉業なのか」ということに焦点をあてて、他の確率に例えられているものをまとめてみました。

続きを読む

無期限の会員登録停止になったスノボ選手は誰?非公表でも噂が・・・

・・・また似たような話題ですね。
先日の桃田選手といい、なんかこういったニュースが話題に登ることが多くなりました。

未成年のスノボ選手無期限の会員登録の停止などの処分を受けたというニュースがありました。

全日本スキー連盟は27日、都内で臨時理事会を開き、2選手に対し、実質的な「除名」処分を下した。
引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160427-00000070-dal-spo

公表はされていないということですが、いろいろネット上では噂・憶測が絶えない状況となっています。
今回は、そちらについてまとめてみました。

続きを読む

浅田真央には不仲説が多い?キム・ヨナ以外の選手にも注目

4月16日放送の「炎の体育会TV」で浅田真央キム・ヨナの不仲説が取り上げられていました。

フィギュアスケートの元世界女王で2010年のバンクーバー冬季五輪銀メダリストの浅田真央(25)=中京大=が16日放送のTBS系スポーツバラエティー「炎の体育会TV 浅田真央~大解禁SP」(後6時55分)で、10年バンクーバー五輪「金」、14年ソチ五輪「銀」と2大会連続のメダリスト韓国のキム・ヨナ(25)との“不仲説”について語った。
引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160416-00000170-sph-ent

知っている方も多いでしょうが、どうも浅田真央には不仲説が多い印象を受けてしまうような感じがします。
そこで、今回はいろんな人(主に選手)に対する不仲説についてまとめてみようと思います。

続きを読む

無期限出場停止とは何なのか?バドミントン桃田の今後に期待

桃田選手の裏カジノ賭博による会見が開かれ、リオ五輪見送りが決定してしまいました。
無期限の競技会出場停止処分になったということです。

日本バドミントン協会は10日、東京都内で緊急理事会を開き、違法カジノ店で賭博をしたことを認めた桃田賢斗(21)=NTT東日本=に対して無期限の競技会出場停止処分、賭博に誘った田児賢一(26)=同=には無期限の登録抹消処分を科すことを決めた。桃田は8月のリオデジャネイロ五輪にも派遣しない。
引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160410-00000026-mai-soci

桃田選手不在のバド代表については前回の記事でも触れましたが、ここまで事が大きくなってしまうとは・・・
期待が大きかったため非常に残念なニュースになってしまいました。

ところで、記事を見て気になったのですが「無期限出場停止」とはどのくらい重い罪なのでしょうか。

今回はそのあたりに注目してみましょう。

続きを読む

オコエ瑠偉はどんな人?身体能力や家族・プロ意識の高さに注目!

楽天のドラフト1位で入団した、オコエ瑠偉選手。
昨日の開幕戦では、代走のみの出場でしたがホーム観客を賑わせましたね。

注目が高まるオコエ瑠偉選手ですが、一体どんな人物なのでしょうか?
今回は、人物像や普段の生活の意識について注目してみました。

2016/03/26-8
三塁側ベンチから飛び出した楽天ドラフト1位オコエ瑠偉外野手(18)のプロ初戦は、大歓声に包まれての代走デビューだった。スタンドからは「走れ! 走れ! オコエ!」の大合唱。けん制球が2球続く。頭から滑り込み帰塁して、再び強気のリードを取った。
引用元:http://www.nikkansports.com/baseball/news/1621903.html

続きを読む